海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.03.12
英中銀が0.5%の緊急利下げを決定、新型コロナ拡大を受け景気下支え

イングランド銀行(BOE)は11日、金融政策委員会(MPC)を緊急開催し、政策金利を現行の0.75%から0.5%引き下げ、過去最低と並ぶ0.25%とすることを決定した。利下げの決定は、EU(欧州連合)からの離脱が国民投票で決まり、経済の先行きに不透明感が強まった2016年8月以来、3年7ヶ月ぶりとなる。

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的な金融市場の混乱や景気見通しの悪化が進む中、今月3日には米連邦準備理事会(FRB)が0.5%の緊急利下げを決定するなど、各国中銀から金融緩和策が相次いで打ち出されており、BOEもそうした動きに追随した形となる。

この他、銀行に貸し出しを促すため、長期の資金供給枠組み「TFSME」を新設。融資の増加状況に応じ、金融機関に対して政策金利かそれとほぼ同等の低金利で期間4年の資金供給を行う。また、経済環境の良い時期に銀行に自己資本の上積みを課す「カウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)」について、現行の1%から0%への即時引き下げも決定した。

BOEのカーニー総裁は会見で、新型コロナウイルスの影響について、「経済への打撃は一時的だが、大きく急激なものになる」と指摘。そのうえで、「イギリスの経済活動は今後数ヵ月間、著しく弱くなる可能性が高い」との認識を示した。ただ一方で、「2008年の金融危機時ほど悪くなる理由はない」との見解も示している。

イギリスの政策金利の推移

イギリス不動産についての最新情報

イギリス不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.03.31
21年1月の米ケースシラー住宅価格指数は11.1%増、15年ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが30日に発表した2021年1月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市圏/2000年1月=100)は、前年同月比11.1%上昇の242.98となり、2006年2月以来の高い伸びを記録した。 歴史的な低...[記事全文]

2021.03.30
21年Q1のベトナムGDP成長率は4.48%増、順調な回復続く

ベトナム統計総局(GSO)によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率は前年同期比4.48%増となり、新型コロナウイルスの流行が本格化する前にあった前年同期の3.68%増から伸びが加速した。 ベトナムは政府の迅速な対応によって新型コロナウイル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年03月12日