海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.03.23
タイ中銀が緊急利下げを決定、過去最低の0.75%に

タイの中央銀行に当たるタイ銀行(BOT)は20日、金融政策委員会(MPC)を緊急開催し、政策金利となる翌日物レポ金利を、年1.00%から過去最低の0.75%に引き下げることを決めた。

BOTは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、前回2月5日の会合で政策金利を1.25%から1.00%に引き下げたばかりだったが、「影響はより深刻で、正常化には時間がかかる」と判断し、緊急の追加利下げに踏み切った。

BOTは声明で、「新型コロナの流行で影響を受けた借り手の利子負担を軽減し、金融市場の緊張を緩和する」とコメントしている。

タイの政策金利の推移

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.04.02 NEW
フィリピン住宅価格指数、19年Q4は前年比10.2%上昇

フィリピン中央銀行によると、2019年第4四半期(10~12月)の住宅価格指数(RREPI、14年第1四半期=100)は、前年同期比10.2%上昇し、130.2となった。エリア別に見ると、マニラ首都圏が同15%上昇の149.3、首都圏外が同8.2%上昇の119.2だった。...[記事全文]

2020.04.01
世界銀行、20年のフィリピンGDP成長率予測を3.0%増に下方修正

新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大が続く中、世界銀行はフィリピンの2020年GDP成長率見通しについて、深刻な景気減速の後に急回復するという「基本シナリオ(Baseline Scenario)」の場合で同プラス3.0%、ウイルスの流行が長期化して回復も緩慢に...[記事全文]

2020.04.01
世界銀行、20年のマレーシアGDP成長率予測を0.1%減に下方修正

世界銀行は先月30日、新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大を受け、アジア地域の経済見通しに関するレポート「East Asia & Pacific in the Time of Covid-19(Covid-19時代の東アジアと太平洋)」を公表。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年03月23日