海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.06.02
マレーシアとシンガポール、高速鉄道計画の凍結期間を20年末まで延長へ

マレーシアのアズミン・アリ貿易産業相は先月31日、首都クアラルンプールとシンガポールとの間を結ぶ高速鉄道計画の凍結期間を、従来の5月末から12月末まで延長することで合意したと発表した。

同計画を巡っては、2018年の政権交代で首相に就いたマハティール氏が、費用面への懸念などから計画の見直しを主張し、5月末まで凍結されていた。しかし、2020年2月にマハティール首相が辞任し、後任のムヒディン新首相も新型コロナウイルスへの対応に追われたことから、期限までに見直し案をまとめることができず、凍結期間を延長する運びとなった。

高速鉄道の開業時期は当初、2026年末を見込んでいたが、計画の凍結によって2031年1月に変更されている。アズミン貿易産業相は今回の凍結期間の延長に伴う開業時期の変更はないとしているものの、見直し内容を巡る両国の交渉が難航すれば、さらなる後ずれも懸念される。

海外不動産についての最新情報

海外不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年06月02日