海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.06.23
マレーシアで映画館やプールが7月1日から再開、人数は制限

マレーシアのイスマイル・サブリ・ヤコブ上級相兼国防相(治安担当)は22日、7月1日から映画館や劇場、ライブイベントの再開を許可することを発表した。

再開に当たって運営者は、新型コロナウイルス感染症対策の標準作業手順書(SOP)を順守し、入場時に検温を実施するほか、観客へのマスク着用と手指消毒を義務付ける必要がある。また、1m以上のソーシャル・ディスタンスを確保するため、観客数には会場の規模に応じて上限が設けられ、最大でも250人までになるとしている。

さらに、ヤコブ氏は同じく7月1日から、公共プール、ホテルや集合住宅に併設されているプライベートプールの再開も許可すると発表。プールの広さに応じて利用人数を制限するため、管理者には監視員などを置くことを求めるという。一方、ウォーターパークやテーマパークについては、操業再開はまだ認めないとした。

なお、マレーシアの新型コロナウイルス感染者は、6月22日に新たに15人を確認。そのうち、海外から帰国したマレーシア人が2人、外国人が13人で、国内感染のマレーシア人はゼロだった。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.11 NEW
若年マレーシア人の不動産購入意欲が上昇、利下げや支援策で

マレーシアの大手メディアStarはこのほど、コロナ禍で相次いで実行された利下げや政府の購入支援策によって、国内の不動産市場で若者を中心に購入意欲が高まっていると報じた。 不動産開発大手エコ・ワールド・デベロップメント・グループのチャン・キムワー最高経営責任者...[記事全文]

2020.08.07
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.04
マニラ首都圏の外出制限が再厳格化、8月18日まで

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏とその近隣州で外出・移動制限措置を、8月4日~18日まで再び厳格化すると発表した。 マニラ首都圏では5月中旬から段階的に制限の緩和が進められており、先月31日には8月1日以降も緩やかな制限が継続される意向が示さ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年06月23日