海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.07.08
イオンがハノイにベトナム7号店を出店へ、海外初のオフィス複合型商業施設

イオンモールは7日、ベトナムの首都ハノイ市に同国7号店となる「イオンモール・ホアンマイ」を出店することを発表した。ホアンマイ店は、同社にとって海外初の「オフィス複合型商業施設」となる予定で、2022年下半期(7~12月)の開業を目指す。

建設予定地であるホアンマイ区は、ハノイ市中心部から南に約6kmの場所に位置。国道1号線が通り、鉄道駅やバスターミナル、タクシー乗り場などを集約した交通ターミナルをあるなど、交通利便性に優れた立地環境で、将来的には地下鉄メトロ1号線の開通も計画されている。

「イオンモール・ホアンマイ」は、イオンモールの上層階にオフィスを設ける地下1階、地上10階建ての複合型商業施設となり、入居する専門店数は約200店舗を見込んでいる。また、ハノイ市中心部で社会問題となっている駐車場不足に対応するため、約3,000台分の駐車場を併設する。

イオンは数年内に人口1億人を超え、平均年齢も約32歳と若いベトナムを有望な成長マーケットと位置付けており、今後もASEAN地域における最重点エリアとして出店を加速させていく考えを示している。

イオンモール・ホアンマイの施設イメージ
イオンモール・ホアンマイの施設イメージ
(出所:Aeon Mall

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.11 NEW
20年Q2のベトナム住宅取引価格、供給減によりコロナ禍でも小幅上昇

ベトナム建設省が公表した2020年第2四半期(4~6月)の不動産市場に関するレポートによると、新築住宅の供給が大幅に減少したこともあり、新型コロナウイルスの影響を受ける中でも取引価格がやや上昇したことがわかった。 同期に新たに販売が認められた住宅戸数は94件...[記事全文]

2020.08.07
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.06
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年07月08日