海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.09.11
タイ政府、270日間滞在可能な特別観光ビザの発給を検討

タイ国政府観光庁(TAT)のユタサック長官は来週の閣議で、最長270日間の滞在が可能な特別観光ビザ(STV)の発給についての提案を行うことを明らかにした。

STVは当初90日間の滞在ができ、2度延長することで最長270日間(90日+90日+90日)の滞在が可能になるというもの。ヨーロッパなど遠方からタイを訪れる長期滞在者への発給を想定しており、ユタサック長官は今年第4四半期(10~12月)にもこうした地域からの旅行者受け入れを再開させたい意向を示している。

申請は入国前に各国のタイ大使館で行い、発行手数料は約2,000バーツ(約6,780円)。また、申請者は新型コロナウイルスの陰性証明の提出や、医療保険への加入が義務付けられるほか、タイ到着後は指定されたホテルで14日間の隔離が必要となる。

なお、アジアなど近隣からの旅行者については、タイでの滞在期間が14日間の隔離期間に満たないケースが多いため、対象国・地域・都市の新型コロナウイルス感染率が低いことを条件に、隔離期間なしで入国を認めることを検討するとしている。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.21
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

2021.04.12
タイ住宅大手AP、21年1Qの予約販売額は32%増

タイの住宅開発大手APはこのほど、2021年第1四半期(1~3月)の予約販売額が前年同期比32%増の79億6,600万バーツ(約278億円)となったことを発表した。 需要をけん引したのは、前年同様に一戸建て住宅やタウンハウス(連棟式住宅)などの低層住宅で...[記事全文]

2021.04.08
ソニーが10月にタイでテーマパーク開業へ、米コロンビア映画を題材

ソニー・グループの映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は7日、タイ・バンコク東郊のチョンブリ県バンサレーに、傘下の米映画会社コロンビア・ピクチャーズの作品を題材とした世界初のテーマパーク「コロンビア・ピクチャーズ・アクアバース」を、今年10月に開...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年09月11日