海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.09.14
日本~シンガポール間のビジネス往来再開、18日から受付開始

外務省は11日、短期滞在などビジネス目的に限定した形で、日本~シンガポール間の往来を近く再開することを発表した。今回の渡航再開は、陰性証明(出国前72時間以内に取得)や行動計画書を提出することを条件に、短期滞在者が入国後14日間の待機期間中でも、行動範囲を限定してビジネスに従事することを認める制度「ビジネストラック」に基づくものとなる。

今月18日から、シンガポール政府の専用サイト「Safe Travel」にて渡航に必要な「セーフ・トラベル・パス」の申請受付を開始する予定で、実際に渡航が開始されるのは受付開始から1~2日後となる見通し。

入国後に空港で再度PCR検査を受け、結果が出るまでの1~2日程度は滞在先での待機が必要となるものの、陰性が判明すればビジネス目的の外出に限り許可される。活動範囲は、自宅やホテルなどの滞在施設と用務先との往復に限定され、原則として公共交通機関の使用も認められない。また、飲食店の利用や食料品の買い出しができるかなどについては、現時点では明らかになっていない。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18 NEW
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。 今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人...[記事全文]

2020.09.10
星不動産大手キャピタランドが中部で複合開発、コロナ禍の新常態に対応

シンガポールの大手不動産開発会社キャピタランドは9日、同国中部のワンノース地区で複合開発プロジェクト「ロチェスター・コモンズ」を推進することを発表した。完成は2021年第4四半期(10~12月)を見込んでいる。 ワンノース地区では、バイオメディカルサイエンス...[記事全文]

2020.09.04
ベトナム~日本間の国際線定期便が再開へ、15日から週2往復を計画

交通運輸省傘下のベトナム民間航空局は3日、日本、韓国、中国、台湾、カンボジア、ラオスの計6ヵ国との間を結ぶ国際線の定期便運航を、9月15日から再開するための具体案を同省に提出した。 これに先立ち、先月29日にはグエン・スアン・フック首相が、日本や韓国など新型...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年09月14日