海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.09.18
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。

今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人専門家や投資家、高技能労働者などの受け入れ、海外で立ち往生しているベトナム人の帰国に向けて運航再開を承認したことに対応したもの。

バンブー・エアウェイズはまず、9月29日からハノイ発台北行きの運航を週1便で再開。その後、10月7日からはハノイ発ソウル行きの運航も週1便で再開する。いずれの路線も、今後の需要に応じて増便していく考えだという。

また、11月1日からホーチミン~成田線、12月からハノイ~成田線を新規就航する予定であることも発表。バンブー・エアウェイズは今年4月、国土交通省から外国人国際航空運送事業の経営許可を受け、5月の路線開設を目指していたが、新型コロナウイルスの流行で計画が遅れていた。

このほか、今年10~12月にハイフォン~シンガポール線とハノイ/ホーチミン~メルボルン(オーストラリア)線の2路線、来年1~3月にハノイ/ホーチミン~ロンドン線とハノイ/ホーチミン~ミュンヘン/フランクフルト(ドイツ)線を就航予定だという。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.06.16
カリフォルニア州が経済活動を全面再開、NY州も規制の大半を解除

米カリフォルニア州は15日、新型コロナウイルス対策として導入していた規制を原則解除し、経済活動を全面的に再開させることを宣言した。同州は全米最大のGDP規模を誇っており、経済の正常化は米経済全体にとっても明るい話題となる。 同州では昨年3月以降、飲食店や...[記事全文]

2021.06.15
クアラルンプール、8月にも集団免疫を達成する見通し

マレーシアのムヒディン・ヤシン首相は13日、首都クアラルンプールと行政都市プトラジャヤが、今年8月にも新型コロナウイルスの集団免疫を達成するとの見通しを示した。 アダム・ババ保健相によると、マレーシアでは人口の13%以上が少なくとも1回のワクチン接種を実施。...[記事全文]

2021.06.08
ハワイ州、住民7割のワクチン接種完了で全渡航制限を解除へ

ハワイ州のデービッド・イゲ知事はこのほど、6月15日以降の州内への渡航制限の段階的な緩和プランを発表した。同プランは、6月4日時点で52%に上っているハワイ州住民のワクチン接種率の進捗に応じて、進められていくことになるという。 まず、6月15日からハワイ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年09月18日