海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.26
フィリピンがビジネス目的の外国人の再入国を一部解禁へ、7ヵ月ぶり

フィリピン政府は23日、ビジネス目的の外国人の入国を11月1日から一部許可すると発表した。フィリピンでは3月中旬から外国人の入国拒否が続けられており、制限が緩和されるのは約7ヵ月半ぶりとなる。

対象となるのは、フィリピン経済区庁(PEZA)に登録している経済特区内の企業関係者や、政府プロジェクトへの参加者、フィリピンに地域統括拠点を置く企業の従業員などで、多くの外国人労働者が取得する一般的な就労ビザ(9g)の保有者は該当しない。

新型コロナウイルスの流行に伴い、フィリピンでは3月中旬から外国人の入国を拒否してきた一方、感染を恐れた外国人駐在員の一時帰国が急増。その結果、多くの外国人駐在員が再入国できない状況が続いており、ビジネス界からは不満の声が高まっていた。

今回、経済特区内の企業の従業員など一部ではあるものの、外国人の再入国が認められる方針となったことで、コロナ禍で傷んだ経済の立て直しにプラスに働くことが期待されている。

ただ、コロナ禍で国外退避した外国人の大半はこの間にビザが失効しているとされる一方、入国管理局はビザの新規発給には依然として慎重な立場を示していることから、実際にどの程度効果があるかは不透明といえる。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.06.16
カリフォルニア州が経済活動を全面再開、NY州も規制の大半を解除

米カリフォルニア州は15日、新型コロナウイルス対策として導入していた規制を原則解除し、経済活動を全面的に再開させることを宣言した。同州は全米最大のGDP規模を誇っており、経済の正常化は米経済全体にとっても明るい話題となる。 同州では昨年3月以降、飲食店や...[記事全文]

2021.06.15
クアラルンプール、8月にも集団免疫を達成する見通し

マレーシアのムヒディン・ヤシン首相は13日、首都クアラルンプールと行政都市プトラジャヤが、今年8月にも新型コロナウイルスの集団免疫を達成するとの見通しを示した。 アダム・ババ保健相によると、マレーシアでは人口の13%以上が少なくとも1回のワクチン接種を実施。...[記事全文]

2021.06.08
ハワイ州、住民7割のワクチン接種完了で全渡航制限を解除へ

ハワイ州のデービッド・イゲ知事はこのほど、6月15日以降の州内への渡航制限の段階的な緩和プランを発表した。同プランは、6月4日時点で52%に上っているハワイ州住民のワクチン接種率の進捗に応じて、進められていくことになるという。 まず、6月15日からハワイ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月26日