海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.11.24
フィリピンが外国人入国規制の緩和拡大、特定の貿易業者など

フィリピン政府はこのほど、外国人入国規制の緩和措置の対象に、新たに特定の貿易業者や投資家を追加することを発表した。

新型コロナウイルスの感染抑止策として、フィリピン政府は3月中旬から外国人の入国規制を続けてきたが、11月1日からフィリピン経済区庁(PEZA)に登録している経済特区内の企業関係者や、政府プロジェクトへの参加者、フィリピンに地域統括拠点を置く企業の従業員などを対象に制限の緩和を行い、入国を許可するようになっていた。

今回、国内の感染拡大が一定の範囲で収まっていることから緩和対象を拡大し、低迷する経済の回復に弾みを付けたい考え。

新たに緩和対象となるのは、改正コモンウェルス法No.613の9条d項に従い、入国管理局によって発行されたビザの保有者で、フィリピンと自国の間で貿易を行う人や、フィリピン国内で投資した会社を運営する人などが該当する。

また、アウロラ太平洋経済特区自由港庁、スービック湾都市庁、バターン自由港地域庁、カガヤン経済特区庁、クラーク開発公社によって発行されたビザの所有者や、特別投資家用居住ビザ(SIRV)の保有者なども緩和対象に加えられる。ただ、多くの外国人が取得する一般的な就労ビザ(9g)の保有者は対象外となる。

入国の際には有効期限内のビザを保有している必要があるほか、入国後に一定期間の自主隔離が求められる。また、最終的な入国の可否は、到着日の空港の受け入れ能力にも影響される。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
イギリスが社会的距離ルールの廃止を検討、6月21日にも

イギリスのボリス・ジョンソン首相は3日、新型コロナウイルス対策として実施している「1メートル超」の社会的距離ルール(ソーシャル・ディスタンス)について、イングランドでは6月21日から廃止できる可能性があると発表した。 イギリスではワクチン接種が順調に進ん...[記事全文]

2021.05.06 NEW
米劇場街ブロードウェイ、9月に全面再開へ

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5日、劇場街ブロードウェイを9月14日から全面的に再開することを発表した。ミュージカルの聖地として知られるブロードウェイは、新型コロナウイルスの本格的な流行が始まった昨年3月以降、感染防止のために劇場が閉鎖されていた。 ...[記事全文]

2021.04.28
米国のワクチン接種者、マスク未着用で一部屋外活動が可能に

米疾病対策センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人を対象とする新たな行動指針を公表。免疫獲得に必要な回数のワクチン接種を完了し、2週間を経過した人は、マスク未着用での一部屋外活動を認めるとした。 これにより、ワクチン接種完了...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年11月24日