海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.15
シンガポールが活動制限緩和の第3期に移行へ、12月28日から

シンガポールのリー・シェンロン首相は14日、新型コロナウイルスの市中感染者がゼロとなる日が増えてきていることを受け、感染抑止策として導入している経済・社会活動制限の緩和措置を、今月28日から第3期に移行すると発表した。

第3期では、店内飲食や他世帯訪問の人数制限が現在の最大5人から最大8人に引き上げられる。また、娯楽施設の入場制限についても、現在の収容可能人数の50%から65%へと緩和する。

その他、宗教行事や屋内施設での大規模なイベントなどへの参加可能人数も最大250人に引き上げるほか、冠婚葬祭での楽器(管楽器を除く)の演奏も認められるようになる。

一方、企業における従業員の出社などに関しては、現行の制限が維持される見通し。現在は在宅勤務を働き方の基本としており、在宅勤務が可能な従業員は勤務時間の少なくとも半分を在宅とする必要がある。加えて、在宅勤務が可能な従業員が職場で勤務する場合、出勤できるのは在宅勤務が可能な従業員の半数までに制限される。

リー首相は、感染終息に向けた国民や企業の努力に感謝を示した一方で、新型コロナウイルスとの戦いは「まだ長く続く」とし、第3期の緩和措置が1年以上継続する可能性があると説明。「第3期への移行は感染リスクの拡大を意味するため、国民には引き続き感染対策を徹底して欲しい」と呼び掛けた。

なお、リー首相は同日、シンガポール保健科学庁(HSA)が米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンの緊急使用を承認したことも発表。2021年7~9月期までに16歳以上の国民、永住権(PR)保有者、長期滞在ビザ保有者の全員が、無料でワクチンを接種できるよう準備を進めていく考えを示した。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.16
越バンブー航空、21年3QにNY証券取引所への上場目指す

ベトナムの不動産開発大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、2021年第3四半期(7~9月)に米ニューヨーク証券取引所(NYSE)で新規株式公開(IPO)を行い、2億ドル(約220億円)の調達を目指す方針を明らかにした。 FLCグルー...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月15日