海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.02.24
21年のマレーシアGDP成長率を5.6~6.7%と予測、世界銀行

世界銀行はこのほど、2021年におけるマレーシアのGDP成長率が5.6%~6.7%になるとの予測を示した。

世界銀行のマレーシア担当主席エコノミストであるリチャード・レコード氏は、年内に多くの国でワクチン接種が完了する見通しであり、輸出の増加やコモディティ価格の上昇が見込まれる中、マレーシア経済も成長軌道を回復する指摘。特に、中国経済の成長がマレーシアを含むアジア圏の景気回復を主導すると見ている。

一方、下振れリスクとしては、ワクチン接種の遅延、ロックダウン(都市封鎖)の実施、貧困世帯の増加、政局の混乱を挙げた。

なお、マレーシアでは2月26日からワクチン接種の開始が予定されている。また、1年以内に国民の8割以上に接種する方針で、すでに目標達成に必要な量を上回る調達量を確保している。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.04.07
20年のマレーシア住宅在庫はコロナ禍でも減少、供給減などで

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)はこのほど、2020年の不動産セクターに関するレポートを公表し、住宅在庫総数が前年比3.6%減の2万9,565戸となったことを明らかにした。 新型コロナウイルスの流行によって、2020年の不動産取引件...[記事全文]

2021.04.06
マレーシアがMRT3号線計画を本格再開へ、今年下半期の着工目指す

マレーシアのウィー・カーション運輸相はこのほど、2018年の政権交代に伴い中断されていたクアラルンプールの環状線、MRT(大量高速輸送)3号線の整備事業再開に向け、建設主体となるMRTコープに3ヵ月間の事業化調査期間を与えたことを発表。今年下半期(7~12月)にも着工した...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年02月24日