海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.06.16
カリフォルニア州が経済活動を全面再開、NY州も規制の大半を解除

米カリフォルニア州は15日、新型コロナウイルス対策として導入していた規制を原則解除し、経済活動を全面的に再開させることを宣言した。同州は全米最大のGDP規模を誇っており、経済の正常化は米経済全体にとっても明るい話題となる。

同州では昨年3月以降、飲食店や商業施設は人数制限を行ってきたが、ワクチン接種の進展で新規感染が抑えられていることから、約1年3ヵ月ぶりに規制を解除する。また、ワクチン接種が完了していれば、店内外を問わずマスクの着用が不要となる。

ただ、例外としてワクチン接種を完了していない場合、オフィスでのマスク着用義務を継続する。また、少なくとも9月までは、公共交通機関でのマスク着用義務も続ける。

一方、米ニューヨーク州も同日、新型コロナウイルス対策の規制のほぼ全てを解除することを発表した。これにより、オフィスや飲食店、小売店、映画館などに課されていた人数制限や社会的距離の確保、検温義務などは解除される。また、ワクチン接種を完了していれば、公の場でのマスク着用も不要となる。ただ、医療施設や公共交通機関、学校などではマスクの着用義務をしばらく継続する。

アメリカでは、バイデン政権が7月4日の独立記念日までに成人の70%が少なくとも1回のワクチン接種を終えることを目標に掲げており、今月15日の時点で米国内の18歳以上の64.6%が少なくとも1回のワクチン接種を受けている。その中でも、カリフォルニア州やニューヨーク州など10以上の州では、この目標が前倒しで達成されていた。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
アメリカ、11月から外国人渡航者にワクチン接種を義務付けへ

アメリカ政府は20日、11月上旬から全ての外国人入国者に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けることを発表した。入国にあたっては、ワクチン接種が完了していることを証明する書類のほか、出発前3日以内に受けた検査の陰性証明書の提出も必要になるが、入国後の自主隔離...[記事全文]

2021.09.21 NEW
イギリスが水際対策緩和、10月からワクチン接種条件に日本も隔離不要に

イギリス政府は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために実施してきた水際対策を10月4日から緩和し、ワクチン接種が完了していれば出発前の検査や入国後の隔離を不要とすることを発表した。 現在、イギリスでは感染状況に応じて各国を「赤・黄・青」の3つのグ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年06月16日