海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.10.08
ベトナム、来年6月に外国人観光客の受け入れを全国で再開へ

ベトナム国家観光総局はこのほど、2022年6月に外国人観光客の受け入れを全国的に再開する方針であることを明らかにした。入国に当たっては、感染リスクが低い国、かつワクチン接種を完了していることが条件になるとしている。

再開に向けたスケジュールとしては、まず今年11月末から来年3月にかけて南部フーコック島で、外国人観光客の試験的な受け入れを行う。ここで感染を抑制できていることが確認されれば、今年12月以降、北部ハロン市や中部ホイアン市、同ダラット市、中南部ニャチャン市などの観光地に段階的に範囲を拡大。その後、来年6月にベトナム全土で受け入れ再開を行うことを想定しているという。

なお、入国時の隔離の有無などについては未定であるものの、諸外国の例に習い、ワクチン接種済みの人や感染から回復した人は隔離を免除することなども含めて、規制を緩和する方向で検討していると説明している。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.10.19 NEW
22年のベトナム昇給率は7.4%、米大手人材コンサルWTW予測

米大手人材コンサルティング会社ウィリス・タワーズ・ワトソン(WTW)がこのほど公表した、アジア太平洋地域(APAC)における企業の給与予算計画レポートによると、ベトナムの平均昇給率は7.4%(21年は7.0%)となり、主要な東南アジアの国では最大の伸びになるとの見通しを示...[記事全文]

2021.10.14
フィリピン、感染低リスク国のワクチン接種完了者は入国後隔離を免除へ

フィリピン政府は、新型コロナウイルスの「低リスク国(グリーン)」に分類されている国・地域から入国するワクチン接種済みの外国人について、14日から入国後の強制隔離措置を免除すると発表した。 具体的な条件としては、低リスクの国・地域からの入国であること以外に...[記事全文]

2021.10.13
魅力的な海外直接投資先ランク、ベトナムが東南アで首位

英調査会社オックスフォード・エコノミクスはこのほど、アジア太平洋地域の国々を対象にまとめた、海外直接投資(FDI)の流入先としての魅力度ランキングにおいて、ベトナムが全体2位、東南アジア地域では1位に選出された。 中国の人件費の上昇や保護主義政策を背景に、企...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年10月08日