海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.07.28
IMF、22年のフィリピンGDP成長率見通しを6.7%に上方修正

国際通貨基金(IMF)はこのほど、2022年のフィリピンの実質GDP成長率予測を前年比6.7%増とし、4月時点の予測の6.5%から上方修正した。

新型コロナウイルス対策の外出・移動制限が緩和され、経済活動の正常化が進む中、今年上半期(1~6月)に予想を上回る力強い経済成長を見せたことを反映したもので、IMFのフィリピン常駐代表であるラグナル・グドムンドソン氏は、「フィリピンの実質GDPはすでにコロナ前の水準に戻った」と指摘している。

一方、2022年下半期(7~12月)と2023年は成長の勢いが減速すると見ており、2023年の実質GDP成長率予測は従来の6.3%から5%へと下方修正。2022年が高い成長率になることによるベース効果や、ロシアによるウクライナ侵攻の影響、主要な貿易相手国の景気減速、アメリカの金融引き締めの加速、高インフレなどが、下押し要因になるとした。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2023.01.27
22年4Qの米GDP成長率は2.9%増、高インフレ下でも底堅さ

米商務省によると、2022年第4四半期(10~12月)の米実質GDP成長率(速報値、季節調整済み)は、年率換算で前期比2.9%増となり、市場予想(2.8%)を上回る伸びを示した。これにより、2022年通年の成長率は、前年比2.1%増となった。 高いインフ...[記事全文]

2023.01.27
22年のフィリピンGDP成長率は7.6%増、個人消費がけん引

フィリピン政府によると、2022年の実質GDP成長率(速報値)は前年比7.6%増となり、46年ぶりの高い伸びを記録した。また、政府予測の6.5~7.5%も上回り、新型コロナウイルス流行前の2019年の水準も回復した。 ロシアのウクライナ侵攻や、対米ドルでのペ...[記事全文]

2023.01.26
タイ中銀が0.25%の利上げを決定、4会合連続

タイ中央銀行(BOT)が25日に開催した金融政策委員会(MPC)で、政策金利に当たる翌日物レポ金利を0.25ポイント引き上げ、1.50%とすることを決めた。政策金利の引き上げは昨年8月以降、4会合連続となる。 中銀は声明で、「中国人観光客の回復などを背景...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年07月28日