海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.09.22 NEW
アジア開発銀行、22年の東南ア経済成長見通しを5.1%に上方修正

アジア開発銀行(ADB)はこのほど、アジア太平洋の新興国46ヵ国・地域の経済見通しをまとめた「アジア経済見通し(2022年改定版)」を公表した。

これによると、東南アジア(東ティモール含む11ヵ国)の2022年経済成長率見通しは、4月時点の4.9%から5.1%へと上方修正された。国別では、インフレが比較的抑制されており、低金利環境が継続しているベトナム(6.7%)や、海外からの本国送金が拡大し、内需が堅調なフィリピン(6.3%)などの予想値が高かった。

東南アジアの堅調な成長を見込む要因として、ADBはコロナ規制の緩和とそれに伴う経済活動の再開を受けて、個人消費が回復していることを挙げている。

一方、アジア太平洋地域全体の経済成長率見通しとしては、4月時点の5.3%から4.9%へと下方修正された。詳細を見ると、中国や韓国などの東アジア(5ヵ国)が4.5%から4.2%に、インドなど南アジア(8ヵ国)が7.4%から6.5%にそれぞれ見通しが引き下げられている。

なお、2022年のインフレ見通しについては、東アジアが4月時点の2.4%から2.5%、東南アジアが3.7%から5.2%、南アジアが6.5%から8.1%にそれぞれ上方修正された。

また、2023年の経済成長率見通しは、東アジアが4月時点の4.5%から4.2%、東南アジアが5.2%から5.0%、南アジアが7.4%から6.5%へといずれも下方修正。インフレ見通しは、東アジアは2.0%から2.5%、東南アジアは3.1%から4.1%、南アジアは5.5%から7.4%にそれぞれ上方修正された。

海外不動産についての最新情報

海外不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.09.22 NEW
「ベトナムのハイテク分野への外資流入続く」、英系ファンド見解

英系ファンド運用会社ビナ・キャピタルでチーフエコノミストを務めるマイケル・コカラリ氏は、ベトナムのハイテク分野に対する積極的な海外直接投資(FDI)が、今後も長年に渡って同国経済の成長の原動力になるとの見解を示した。 ベトナムに対しては現在、半導体生産工...[記事全文]

2022.09.21
23年のタイ観光収入は最大2.3兆バーツを見込む、コロナ前水準の8割

タイ政府はこのほど、2023年の観光収入が最大で2兆3,800億バーツ(約9兆2,340億円)にまで拡大し、2019年のコロナ前水準の約80%に達するとの見方を示した。 アヌチャー政府報道官によると、ベースシナリオとしては、観光収入は1兆7,300億バー...[記事全文]

2022.09.21
22年8月の米住宅着工件数は12.2%増、2ヵ月ぶりに増加

米商務省によると、2022年8月の住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比12.2%増の157万5,000戸となり、2ヵ月ぶりに増加に転じた。急激な上昇が続いていた住宅ローン金利が、8月に一時的に低下したことが消費者心理の改善に繋がった可能性がある。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年09月22日