海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.06.20
マレーシア、外国人向け長期滞在ビザ「MM2H」の新条件を発表

マレーシアのティオン・キンシン観光芸術文化相はこのほど、外国人向け長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の、新たな取得条件を発表した。新制度では、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の3つのカテゴリーが設けられ、それぞれ取得に必要な資産要件や有効期間などに差を付ける形とする。

ビザ取得時に義務付けられる定期預金の最低預入額については、「シルバー」が15万ドル(約2,320万円)、「ゴールド」が50万ドル(約7,750万円)、「プラチナ」が100万ドル(約1億5,500万円)とし、従来(50万リンギ)から金額・通貨ともに変更。また、有効期間(更新可)については、「シルバー」が5年、「ゴールド」が15年、「プラチナ」が20年となり、従来の5年から一部拡充される。

一方、最も大きな変更点として、申請者にはマレーシア国内の不動産の購入義務が課されるようになるため、今後は従来のようにMM2Hを取得して賃貸住宅に居住することができなくなる。

申請の対象となるのはデベロッパーから購入するプレビルド物件のみで、中古物件は対象外。必要な最低購入額は、「シルバー」が60万リンギ(約1,980万円)、「ゴールド」が100万リンギ(約3,300万円)、「プラチナ」が200万リンギ(約6,600万円)で、購入した物件はより高額な物件への買い替えの場合を除いて10年間は売却ができない。

この他、申請可能な年齢の下限については25歳以上とし、従来の35歳から引き下げ。また、ビザを失効させないためには、年間90日以上マレーシアに滞在する必要がある。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.07.24 NEW
フィリピン、ネット賭博業者の営業を全面禁止へ

フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領はこのほど、オンラインカジノ事業者(POGO)の営業を、年末までに全面的に禁止にする方針を明らかにした。 ドゥテルテ前政権時代の2016年頃にフィリピンに誕生し、中国人ギャンブラーをターゲットに急速な盛り...[記事全文]

2024.07.22 NEW
三井不動産がKLでサービス付き賃貸住宅事業、海外初

三井不動産はこのほど、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)で開発していた直営型サービス付き賃貸住宅「三井サービススイート・ブキビンタン・シティセンター」を9月下旬に開業すると発表した。同社にとって、海外における直営型サービス付き賃貸住宅の第1号物件となる。 ...[記事全文]

2024.07.18
24年上期のベトナム不動産取引件数は3倍増、コンド取引が活発

ベトナム不動産仲介協会(VARS)によると、2024年上半期(1~6月)における不動産取引件数は、前年同期比3倍の約2万600件だった。 詳細を見ると、全体の約7割に当たる約1万4,400件をコンドミニアム(アパートメント)が占めた。また、このうちの4割...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年06月20日