海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

タイ アイデオ スクンビット 93( IDEO Sukhumvit 93 )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2018年末完成予定)
国/エリア タイ / バンコク
開発会社 Ananda Development Co., Ltd.
所在地 Soi 93, Sukhumvit Rd., Bang Chak, Phra Khanong, Bangkok
基本情報 総戸数1332戸 (38階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA Studio 1,188万円 (3,462,450THB) 26㎡ お気に入りに追加
タイプB 1Bed 1,663万円 (4,848,900THB) 31㎡ お気に入りに追加
タイプC 2Bed 2,419万円 (7,051,400THB) 51㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、プール、ジム、ジョギングトラック、テニスコート、バスケットボールコート、サウナ、ガーデン、クラブハウス、先行販売、永久所有権、子供用プレイエリア、シアタールーム、ラウンジ、ソーシャルクラブ、ライブラリー、コワーキングスペース
コメント

「IDEO Sukhumvit 93(アイデオ スクンビット 93)」は、バンコク屈指の日本人居住区「スクンビット」と近接し、都心中枢のビジネスエリアだけでなく、郊外の工業団地へのアクセス性にも優れることから、外国人駐在員の居住ニーズが拡大傾向にある「バンチャク」の駅前という希少性の高い好立地に、2018年末完成予定、最大38階建て、全1332戸の高級コンドミニアムです。
今回弊社では、現地独自ルートにより入手した、26階部分の全39ユニットをご紹介致します。

本物件の開発は、都心部における駅近物件の開発に注力し、快適なアーバン・ライフスタイルを提案しているタイ証券取引所上場の有力デベロッパー「アナンダ デベロップメント」が担当。同社は、2013年に三井不動産グループと合弁会社を設立し、バンコク首都圏で高級コンドミニアムの共同開発を進めていることでも知られ、すでに9つの共同開発プロジェクトを発表しています。

約13,500㎡にも及ぶ広大な敷地に誕生する「アイデオ スクンビット 93」には、プール、ジム、サウナ、子供用プレイエリア、ラウンジ、ジョギングトラック、多目的スポーツコート(バスケ、テニスなど)、シアタールーム、ソーシャルクラブ、コワーキングスペース、ライブラリーなど、多彩な共有施設が設置。また、本物件の地上階には日系スーパー「マックスバリュ」や、米大手コーヒーチェーン「スターバックス」がオープン予定であるなど、賃貸のメインターゲットとなる外国人駐在員の目にも大変魅力的に映ることでしょう。

本物件からは、バンコク・スカイトレイン(BTS)「バンチャク駅」の出入口まで直線約15m(ホームまで約80m)と至近。同駅からは、大規模再開発によってバンコク最大の商業地区へと変貌を遂げる「プロンポン駅」など、バンコク最大の日本人居住区「スクンビット地区」の各駅を10分圏内に収めるほか、バンコク有数のビジネス街「アソーク駅」までも6駅(12分)と、都心の主要エリアに軽快アクセスが可能となっています。
また、高速道路の乗降口へのアクセス性にも優れるため、「バンナー」や「チョンブリ」など、日本人駐在員も多く働いているバンコク近郊・近県にある工業団地への通勤にも大変便利で、安定した賃貸需要を期待することができます。

「アイデオ スクンビット 93」は、敷地内に誕生予定である「マックスバリュ」や「スターバックス」を気軽に利用できる上に、日本食レストランやお洒落なカフェ等が入居するコミュニティモール「The Phyll」までも徒歩約7分と近距離。また、直線1km圏内にはタイの二大スーパー「ビッグC」「テスコロータス」もあり、優れた生活利便性を誇ります。
さらに、「ウェルズ インターナショナルスクール」まで徒歩約5分、「アングロ シンガポール インターナショナルスクール」までも車で約4分と、現地でも比較的人気の高いインター校を至近に収めるなど、教育面でも外国人駐在員の賃貸需要を取り込みやすいロケーションと言えます。

日本人駐在員の増加でスクンビット地区の高級コンドミニアムの需給がひっ迫し、家賃が高騰している中、日本人の居住エリアは同地区からBTSの路線に沿って東に拡大傾向にあり、バンコク中心部の大動脈であるスクンビット通りに面し、公共交通機関の利便性にも優れている「バンチャク」の賃貸需要も急増しています。その一方で、バンチャクには駐在員が好むセキュリティ性に優れた高級コンドミニアムはまだ多くないため、駅前の絶好ロケーションに位置し、充実した共有施設を備える「アイデオ スクンビット 93」は、バンチャクにおけるシンボリックな物件として高い人気を集めることが予想されます。

更に、「アイデオ スクンビット 93」は駅眼前の好立地を誇るにも関わらず、隣駅「オンヌット」の駅から離れた物件よりも販売価格が割安であり、周辺環境の発展と共に資産価値の上昇が期待しやすいほか、賃貸利回りもバンコクの中心部よりも高めになることが見込まれるなど、投資の観点でも将来性が高い物件と言えるでしょう。

ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問合せください。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • 6
  • 7
  • 8