海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2017.05.26 NEW
比銀行最大手BDO、セブン銀行と送金簡素化などで提携

フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクは24日、日本のセブン銀行と業務提携すると発表。日本からフィリピンへの送金手続きを簡素化するアプリの提供を7月をめどに開始することを明らかにした。 BDOはサービス開始の理由について、「日本で...[記事全文]

2017.05.26 NEW
バンコク東部バンナー・オンヌット地区の地価上昇、年15~20%

タイの住宅開発会社リアルアセット・デベロップメントは、バンコク東部のバンナー・オンヌット地区の地価が年15~20%のペースで上昇しているとの試算を明らかにした。首都圏鉄道の整備が進んでいることやスワンナプーム国際空港へのアクセスに便利なこと...[記事全文]

2017.05.26 NEW
日系病院DYM、バンコクに3院目を開設

ウェブコンサルティングや医療関連事業などを手掛けるDYM(東京都品川区)のタイ関連会社DYMメディカルサービスは25日、バンコクで3ヵ所目となる病院「DYMインターナショナルクリニック39院」を開設したと発表した。日本人駐在員やその家族など...[記事全文]

2017.05.26 NEW
トンブリ病院が高齢者住宅を開発へ、バンコク首都圏で最大

私立病院チェーンを運営するタイのトンブリ・ヘルスケア・グループは25日、バンコク北郊パトゥムタニ県ランシットで高齢者向け複合住宅「ジン・ウェルビーイング・カウンティー」を開発すると発表した。投資総額は100億バーツ(約327億円)超で、バン...[記事全文]

2017.05.25 NEW
シンガポールで高級コンドの需要拡大、16年は70%増

英系不動産仲介大手サヴィルズ・シンガポールによると、2016年に1,000万Sドル(約8億400万円)以上のコンドミニアムの販売戸数が36戸となり、15年の21戸から約70%増加した。また、今年についても4月末時点ですでに16戸が成約してお...[記事全文]

2017.05.25 NEW
ユニクロがダバオ1号店を26日開業、ミンダナオ地方で初

ファーストリテイリングは26日、フィリピン・ミンダナオ地方で初の「ユニクロ」をダバオ市の商業施設「SMラナン・プレミア」にオープンする。また、翌週の6月2日には、同市の「SMシティー・ダバオ・アネックス」にダバオ2号店を開業する予定で、短期...[記事全文]

2017.05.25 NEW
タイ中銀が政策金利を1.5%に据え置き、16会合連続

タイ中央銀行(BOT)は24日に開いた金融政策委員会(MPC)の会合で、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを満場一致で決定した。据え置きは2015年4月から16会合連続となる。 中銀は声明で、米国の通商政策や景気、中...[記事全文]

2017.05.24
スポーツ用品商業施設を開発へ、バンコクの国立競技場脇に

イベント運営などを手掛けるタイのスポーツ・ソサエティーは、バンコク中心部のスパチャラサイ国立競技場の隣接地に、スポーツ用品店を中心とした商業施設「スタジアム・ワン」を建設する計画を明らかにした。 3億バーツ(約9億7,000万円)を投...[記事全文]

2017.05.23
フィリピン財務省がインフラ銀行を計画 大和証券に協力打診

フィリピン財務省は21日、政府系フィリピン開発銀行(DBP)を、インフラ整備の資金調達業務を中心とするインフラ銀行へ転換する構想を発表。DBPと業務提携する大和証券グループに協力を求めていることを明らかにした。DBPは現在、融資を通じて政府...[記事全文]

2017.05.23
シェムリアップに「アンコール日本友好国際病院」が29日開業

カンボジアの観光都市シェムリアップで29日、日本式の病院「アンコール日本友好国際病院」が開業する。同病院はカンボジア人と日本人の実業家が合弁で手掛けるもので、投資額は300万ドル(約3億3,000万円)。国際水準の設備と「患者第一」を掲げ、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索