海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2018.02.23 NEW
比グローバルシティの高級コンド価格が高騰、主要地区で最高

フィリピンのLeechiu Property Consultantsによると、マニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の高級コンドミニアムの販売価格(1m2当たり)は、最低15万9,125ペソ(約32万7,790円)、最高で30...[記事全文]

2018.02.20 NEW
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コ...[記事全文]

2018.02.20 NEW
シンガポール、2021~25年までに消費税を9%に引き上げへ

シンガポールのヘン・スイキャット財務相は19日、2018年度予算案で、消費税に相当する物品サービス税(GST)の税率を、2021~25年のいずれかの時点で2ポイント引き上げて9%とする方針を明らかにした。GSTの税率引き上げは、2007年に...[記事全文]

2018.02.20 NEW
17年のタイGDP成長率は3.9%、5年ぶりの高い伸び

タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)が発表した2017年の実質GDP成長率(速報値)は、前年比3.9%増となり、2013年以降、5年ぶりの高い伸びを記録した。世界経済の回復を背景に、輸出が前年比9.7%増と好調だったことなどが高成長に寄...[記事全文]

2018.02.19
在外フィリピン人送金額、17年通年は4.3%増の280億ドル

フィリピン中央銀行によると、2017年通年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年比4.3%増の280億6,000万ドルだった。地域別では、アジアが7.3%増、米国が5.5%増、中東...[記事全文]

2018.02.19
比不動産大手アヤラ、17年決算は販売・賃貸共に好調で2桁増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドが発表した2017年決算は、売上高が前年比14%増の1,430億ペソ(約2,902億円)、純利益が同21%増の257億ペソだった。部門別では、複数の住宅やオフィスが完成した中、不動産販売部門の売上高が...[記事全文]

2018.02.16
「しゃぶしゃぶ温野菜」がタイ進出、トンローに1号店をオープン

株式会社レインズ・インターナショナルは9日、バンコク・トンローのスクンビット・ソイ55に、しゃぶしゃぶチェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」のタイ1号店をオープンした。同店はサービスアパート「サマセット・スクンビット・トンロー・バンコク」の1階に設...[記事全文]

2018.02.15
17年のシンガポールGDP成長率は3.6%増、製造業の好調で伸び加速

シンガポール通産省は14日、物価変動の影響を除いた2017年の実質GDP成長率(改定値)が、前年比3.6%増だったと発表した。速報値の3.5%増からやや上方修正され、16年の2.4%増からは大幅に伸び加速した。エレクトロニクス分野を中心に製...[記事全文]

2018.02.15
17年のカンボジア観光収入、13.3%増の36.3億ドル

カンボジア観光省によると、2017年の観光収入は前年比13.3%増の36億3,000万ドル(約3,873億円)となった。また、同国を訪れた外国人旅行者は前年比11.8%増の560万人で、国別では中国(120万人)からの旅行者が最多だった。同...[記事全文]

2018.02.15
タイ中央銀行、政策金利を22会合連続で据え置き

タイ中央銀行(BOT)は14日の金融政策委員会(MPC)で、政策金利となる翌日物レポ金利を1.50%に据え置くことを決めた。政策金利の据え置きは、2015年4月以来22会合連続となる。 中銀は声明で、外需の回復に伴う好調な輸出や個人消...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索