海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2017.02.23 NEW
オアフ島内の高級物件売買が好調、1月は倍増

米大手不動産会社コールドウェル・バンカー・パシフィック・プロパティーズの調査によると、1月にオアフ島内で売買が行われた150万ドル以上の高級物件の戸数が、前年同月比106%増の35戸となった。 35戸の内訳は、150万ドル~190万ド...[記事全文]

2017.02.23 NEW
1月の米中古住宅販売件数、10年ぶりの高水準

全米不動産協会(NAR)が22日に発表した1月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で前月比3.3%増の569万戸となり、2007年2月以来の高水準となった。全米4地域のうち3地域で増加しており、西部で6.6%増、南部では3.6%増な...[記事全文]

2017.02.23 NEW
16年の訪カンボジア外国人数は5%増、初の500万人超え

カンボジア観光省によると、2016年通年の外国人訪問者数は前年同期比5.0%増の501万1,712人だった。1993年の統計開始後、初の500万人超えとなり、政府の目標も達成した。 国別に訪問者数を見ると、ベトナムが95万9,663人...[記事全文]

2017.02.22 NEW
フィリピン不動産大手SMプライム、16年は2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手SMプライム・ホールディングスが21日発表した2016年通期の連結決算は、売上高が前年比12%増の798億ペソ(約1,791億円)、経常利益が同14%増の238億ペソとなった。モール部門や住宅部門など主力事業が好調...[記事全文]

2017.02.22 NEW
経済自由度、シンガポールが23年連続で世界2位

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団と米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが発表した2017年版「経済自由度指数」で、シンガポールは2位だった。同国が2位に選出されるのは23年連続となる。 同指数は約180ヵ国・地域を対象に、「法の支...[記事全文]

2017.02.21 NEW
16年のタイGDP成長率は3.2%、服喪影響も2年連続で加速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)が20日発表した2016年のGDP成長率(速報値)は、実質ベースで前年同期比3.2%増だった。10月のプミポン国王死去に伴う服喪の影響はあったものの、農業の改善や個人消費の伸び、輸出の回復などが貢献し...[記事全文]

2017.02.21 NEW
1月の訪タイ外国人旅行者、6.5%増の320万人

タイ観光・スポーツ省はこのほど、1月に同国を訪れた外国人旅行者数が前年同月比6.5%増の319万7,053人だったと発表した。国・地域別では、中国人が5.5%増の85万9,617人で首位。違法ツアーの摘発強化で昨年10月から急落していたもの...[記事全文]

2017.02.21 NEW
製造業の立地魅力度、マレーシアが1位に選出

米不動産コンサルティング会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)がこのほど発表した「マニュファクチャリング・リスク・インデックス2017」で、マレーシアが1位に選出された。2位以下には台湾、中国、アメリカ、韓国と続き、日本は1...[記事全文]

2017.02.21 NEW
16年のフィリピン昇給率は5%、一律昇給からボーナスに軸

米系人事・財務コンサルティング大手のウイリス・タワーズワトソン(WTW)によると、フィリピンにおける平均昇給率の昨年実績は、当初見込みの6.0%を下回る5.0%となった。能力ベースの給与やボーナスが従業員のパフォーマンスを上げると考える企業...[記事全文]

2017.02.20 NEW
KLの伊勢丹新店舗、国内初出店のレストラン5店舗が開業

三越伊勢丹ホールディングスは17日、マレーシア・クアラルンプールで昨年10月にオープンした新店舗「イセタン・ザ・ジャパン・ストア」に、レストラン街を開業した。 同日から営業を開始したのは、水炊きをメインとする総合和食の「とり田」(福岡...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索