海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2019.05.07
スイス高級時計「パテックフィリップ」、ベトナム1号店をハノイに開業

スイスの高級時計メーカー「パテックフィリップ」は4月25日、ベトナムの首都ハノイ市ホアンキエム区にある5つ星ホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール」に、同国1号店をオープンした。 店舗は面積200m2となり、「Complic...[記事全文]

2019.05.07
高級理容室「ヒロ銀座」、シンガポールに海外1号店を開業

高級理容室「ヒロ銀座」を展開するHIROGINZAは1日、シンガポールに海外1号店を開業した。同国のビジネスパーソンの需要を取り込み、今後計画している他国での事業展開の足掛かりとしたい考え。 シンガポール店は、中心部にある老舗高級...[記事全文]

2019.05.07
米S&P、フィリピンの信用格付けを過去最高の「BBB+」に引き上げ

米大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは4月30日、フィリピンの長期債務の信用格付けを従来の「BBB」から過去最高の「BBB+」に引き上げたと発表した。また、格付け見通しは「ステーブル(安定的)」とした。 格上げの理由につ...[記事全文]

2019.04.26
比不動産大手アヤラランドがREIT上場へ、国内初

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、自社が組成した不動産投資信託(REIT)が、フィリピン証券取引所(PSE)に近く上場する見通しであることを明らかにした。同社は、REITの上場によって約5億ドル(約557億円)を調達...[記事全文]

2019.04.24
オアフ島内の固定資産税引き下げ案を承認、ホノルル市議会

ホノルル市議会はこのほど、オアフ島内の固定資産税を引き下げる案を承認した。承認された法案は、固定資産税の控除額を現在の8万ドルから10万ドルに、標準的な老人ホームの控除額を12万ドルから14万ドルにそれぞれ引き上げるもので、島内の多くの...[記事全文]

2019.04.24
フィリピン財務相「年内の上位中所得国入り可能」、前倒し達成に自信

フィリピンのドミンゲス財務相は、米ワシントンで開かれた世界銀行主催の「フィリピン・デー・フォーラム」で、大規模インフラ開発計画「ビルド・ビルド・ビルド」の後押しもあり、フィリピンが世界有数の高い経済成長を続けていると強調したうえで、...[記事全文]

2019.04.24
シンガポール中心部の大型複合施設「グオコ・ミッドタウン」の概要が公表

シンガポールの不動産開発大手グオコランドは、同国中心部のビーチ・ロード地区で進める大型複合施設「グオコ・ミッドタウン」の概要を公表した。 概要によると、30階建ての高級オフィスビルを中核に、32階建ての高層住宅、公共施設、旧ビ...[記事全文]

2019.04.22
星ホテル大手ファーイーストがベトナム進出、拡大する観光需要を狙う

シンガポールのホテル大手ファー・イースト・ホスピタリティーは、ベトナムの首都ハノイやホーチミン、ダナンなどの都市部に、今後5年間で計1,000室分のホテルを開業する計画を明らかにした。同社のアーサー・キオング代表は、「ベトナムを訪れ...[記事全文]

2019.04.19
マレーシア不動産大手UEM、HSRの代替としてジョホールにBRTを整備へ

マレーシアの不動産開発大手UEMサンライズは、ジョホール州・グルバンヌサジャヤ地区で進めている複合開発プロジェクトエリアに、BRT(バス高速輸送システム)を整備する計画を明らかにした。 同複合開発エリアには当初、クアラ...[記事全文]

2019.04.18
ハノイのマンション販売戸数、1~3月は65%増の1.3万戸

米不動産総合サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、ベトナムの首都ハノイにおける2019年第1四半期(1~3月)のマンション販売戸数は、前期比65%増の1万3,600戸だった。 価格帯別では、低価格帯の販売が...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索