海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2018.07.20
OFWからの送金を投資に回す世帯が拡大、13年比で3倍に

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション系の商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)傘下で、資産運用事業を手掛けるBPIアセット・マネジメント&トラストは、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金を投資に回す世帯が増えている...[記事全文]

2018.07.19
米ハンバーガー「シェイクシャック」がフィリピン進出へ、東南アジア初

ニューヨーク発の人気ハンバーガーレストラン「シェイクシャック」は、2019年春にもフィリピン1号店をマニラ首都圏に開業すると発表した。シェイクシャックが東南アジアに進出するのは初となる。 シェイクシャックのマイケル・カーク副社長(国際...[記事全文]

2018.07.18
BPO業界の世界シェア、フィリピンは22年までに14%に拡大

フィリピン情報技術ビジネス・プロセス協会(IBPAP)は、同国のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の世界シェアが、2022年までに14%(16年時点で11%)に上昇するとの見通しを示した。IBPAPのレイ・ウンタル会長は、フ...[記事全文]

2018.07.17
5月の在外フィリピン人送金額、6.9%増の24.6億ドル

フィリピン中央銀行によると、5月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比6.9%増の24億6,900万ドル(約2,770億円)となり、単月で今年最大額となった。送金元の多くは、...[記事全文]

2018.07.17
4~6月のシンガポールGDP成長率は3.8%増

シンガポール通産省が発表した2018年4~6月期のGDP成長率(速報値)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比3.8%増加した。セクター別にみると、電子製品や製薬の好調を背景に、製造業が前年同期比8.6%増と高水準を維持したほか、金融・...[記事全文]

2018.07.13
世界イノベーション指数ランキング、シンガポールが世界5位

世界知的所有権機関(WIPO)とフランスの経営大学院インシアード(INSEAD)、米コーネル大学が発表した2018年版「世界イノベーション指数(GII)」で、シンガポールは前年から2ランクアップの5位となった。世界1位はスイスで、以下、オラ...[記事全文]

2018.07.11
6月のオアフ島コンドミニアム販売、価格・件数ともに増加

ホノルル不動産協会(HBR)が公表した最新の不動産市況レポートによると、6月にオアフ島で売買されたコンドミニアムは前年同月比2.1%増の547件となり、販売価格(中央値)も同5%増の42万ドルだった。一方、一戸建て住宅の販売件数は同1.4%...[記事全文]

2018.07.10
オルティガス財閥、CBD開発に260億ペソを投資へ

フィリピンの大手財閥「オルティガス・グループ」の不動産開発部門である「オルティガス&カンパニー」は、マニラ首都圏パシッグ市のオルティガス中央商業地区(CBD)内の複合地区「キャピトル・コモンズ」の開発に260億ペソ(538億円)を投資すると...[記事全文]

2018.07.10
スマートシティランキング、シンガポールが世界2位

シンガポールのコンサルティング会社エデン・ストラテジー・インスティチュートが発表した「世界スマートシティー・ランキング」で、シンガポールは世界2位となった。同調査は世界140都市を対象に、「予算」「財政支援策」「人材」「人間中心の政策」「過...[記事全文]

2018.07.09
住友林業、チャオプラヤ川沿いで高級コンドを開発へ

住宅開発大手の住友林業は6日、タイの大手デベロッパーであるプロパティー・パーフェクト(PF)や、PF傘下のグランド・アセット・ホテルズ&プロパティーと特定目的会社(SPC)を設立し、バンコクのチャオプラヤ川沿いに高級コンドミニアムを開発する...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索