海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2018.12.20
仏ホテル大手アコー、タイの最高層ビルに新ブランドホテルを開業へ

フランスのホテル大手アコー・ホテルズは、タイ・バンコクにある国内最高層ビル「キングパワー・マハナコン」(高さ314m)に、ホテル「オリエント・エクスプレス・マハナコン・バンコク」(全154室)を開業する。「オリエント・エクスプレス」ブランド...[記事全文]

2018.12.19
比不動産大手アヤラがセダホテル増設へ、20年までに最大100億ペソ投資

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、2020年までに最大100億ペソ(約212億円)を投じて、「セダ」ブランドのホテルを5ヵ所に増設することを明らかにした。既存ホテルの稼働率が平均80%を超えている中、今後さらに観光客やビ...[記事全文]

2018.12.18
在外フィリピン人送金額、10月は8.7%増の24.7億ドル

フィリピン中央銀行によると、10月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比8.7%増の24億7,400万ドル(約2,788億円)となった。 1~10月の累計では、前年同期...[記事全文]

2018.12.17
西日本鉄道がタイの住宅事業に初進出、コンドミニアム開発へ

西日本鉄道は14日、タイの不動産開発会社SC Asset Corporation(SC アセット)と共同で、バンコクにおけるコンドミニアム(分譲マンション)開発事業を行うことを発表した。2019年7月に着工し、2021年12月の完工を予定し...[記事全文]

2018.12.14
マカティ市の地下鉄計画が始動、2025年までの完工を目指す

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市は12日、同市内の地下鉄敷設事業を進めるコンソーシアムを構成する、不動産開発会社フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)、中国の緑地控股集団(グリーンランド・ホールディング)、江蘇省建築工程集...[記事全文]

2018.12.14
フィリピン中銀が6会合ぶりに金利据え置き、インフレ圧力緩和を受け

フィリピン中央銀行は13日に開催した金融政策決定会合で、6会合ぶりに政策金利を据え置くことを決定した。インフレ率が高まったことを受けて、中銀は5月以降、5会合連続で利上げを実施していたが、11月の消費者物価指数(CPI)の上昇率が鈍化したこ...[記事全文]

2018.12.13
日本人の留学先、フィリピンが4位に浮上

海外留学協議会(JAOS)が会員の留学事業者38社を対象に実施した「日本人留学生数調査2018」によると、2017年の日本人の留学先シェアでフィリピンがイギリスを抜き、4位(前年5位)に浮上した。 17年の日本人留学生数は、16年(調...[記事全文]

2018.12.12
フィリピンのGDP、今後20年間で世界18位の規模に拡大へ

英市場調査会社キャピタル・エコノミクスは、世界経済の長期見通しに関する最新のレポートの中で、フィリピン経済は生産年齢人口の増加を背景に成長が続き、2037年にGDPは世界18位(現在、同25位)の規模になると予想を示した。 同レポート...[記事全文]

2018.12.11
ワードビレッジの高級コンド「アエオ」が完成、引き渡し始まる

アメリカの大手不動産開発会社ハワードヒューズ・コーポレーションが、ホノルル近郊にあるカカアコ地区の大規模タウンシップ開発プロジェクト「ワードビレッジ」の一環として開発していた高級コンドミニアム「Ae'o(アエオ)」が竣工。このたび、オーナー...[記事全文]

2018.12.10
明治屋、シンガポール2号店を来年6月に開業へ

日本の食材が充実していることから、現地に駐在している日本人から人気がある日系スーパーのシンガポール明治屋は来年6月、シンガポール中心部の商業施設「グレート・ワールド・シティー」内に、同国2同店を開業する。明治屋は2003年に中心部の商業施設...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索