海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(金融・経済)

2019.03.18
1月の在外フィリピン人送金額、4.4%増の24.8億ドル

フィリピン中央銀行によると、2019年1月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比4.4%増の24億8,400万ドル(約2,769億円)だったと発表した。 内訳は、海...[記事全文]

2019.03.13
マレーシア経済は2020年にかけて堅調さを維持、IMF予測

国際通貨基金(IMF)は11日、2020年までのマレーシア経済の見通しを公表し、19年と20年のGDP成長率をそれぞれ4.7%、4.8%と予測した。堅調な個人消費に支えられた内需の拡大や、事業環境の改善などによる投資の増加などが、安定的...[記事全文]

2019.03.07
世界長者番付、フィリピンからのランクインは17人に増加

米経済誌フォーブスが発表した2019年版「世界長者番付」によると、「ビリオネア」と呼ばれる保有資産額10億ドル(約1,116億円)以上の富豪は、全世界で2,153人に上り、保有資産額の合計は8兆7,000億ドルとなった。 フィリピ...[記事全文]

2019.03.01
18年10~12月の米GDP成長率は2.6%増、堅調な個人消費が下支え

米商務省が28日発表した2018年第4四半期(10~12月)の実質GDP(季節調整済み)は、年率換算で前期比2.6%増となった。好調な雇用情勢などを背景に、引き続き個人消費が堅調だった中、潜在成長率(2%弱)を上回る伸びを維持した。なお...[記事全文]

2019.02.19
18年のタイGDP成長率は4.1%増、過去6年で最大の伸び

タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)が発表した2018年通年の実質GDP成長率は、前年比4.1%増となり、過去6年で最大の伸び率を記録した。項目別では、輸出が7.7%、民間消費が4.6%、民間投資が3.9%とそれぞれ増加した。 ...[記事全文]

2019.02.18
18年の在外フィリピン人送金額は289億ドル、15年連続で過去最高を更新

フィリピン中央銀行によると、2018年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年比3.1%増の289億4,300万ドル(約3兆1,950億円)だった。15年連続での過去最高の更新と...[記事全文]

2019.02.15
18年10~12月期のマレーシアGDP成長率は4.7%、輸出持ち直しで伸び加速

マレーシア中央銀行によると、2018年第4四半期(10~12月)の実質GDP成長率は前年同期比4.7%増だった。伸び率は直近の2四半期に減速傾向となっていただが、輸出の改善などを受けて前期(4.4%増)から伸びが加速した。 需要面...[記事全文]

2019.02.15
18年のシンガポール世帯月収、3%増の9293Sドル

シンガポール統計局によると、シンガポール人と永住権(PR)保有者1人以上が働いている世帯を対象に調査した2018年の世帯月収(中央値)は、9,293Sドル(約75万5,500円)だった。名目では前年比3.0%増、実質では同2.6%増。過...[記事全文]

2019.02.14
18年の訪シンガポール外国人旅行者は6.2%増の1850万人、3年連続で過去最高

シンガポール政府観光局(STB)が発表した観光統計によると、2018年に同国を訪れた外国人旅行者数(速報値)は、前年比6.2%増の1,850万人となり、3年連続で過去最高を更新した。 国・地域別の旅行者数は、中国が6%増の341万...[記事全文]

2019.02.13
18年末のマレーシア総人口、1.1%増の3256万人

マレーシア統計局によると、2018年10~12月期(第4四半期)時点の総人口は、前年同期比1.1%増の3,256万6,900人だった。また、出生率(人口1,000人当たりの出生数)は3.9人だった。 州別の人口をみると、セランゴー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索