海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(金融・経済)

2020.07.07 NEW
ベトナムの20年GDP成長率予測を3%に上方修正、格付大手フィッチ

米格付け大手フィッチ・レーティングス傘下のフィッチ・ソリューションズはこのほど、2020年のベトナムのGDP成長率予測を従来の2.8%から3%に上方修正した。 フィッチは、ベトナムが新型コロナウイルスの抑制に成功してい...[記事全文]

2020.06.30
20年1~6月のベトナムGDP成長率は1.8%増、コロナ禍でもプラス成長維持

ベトナム統計総局(GSO)によると、2020年上半期(1~6月)のGDP成長率は、前年同期比1.81%増となった。前年同期の6.76%増からは大きく減速したものの、新型コロナウイルスの流行で世界的に不況に陥る中、ベトナムはウイルスの...[記事全文]

2020.06.26
フィリピン中銀が4会合連続で利下げ、過去最低の2.25%

フィリピン中央銀行は25日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物借入金利(RRP)を0.5%引き下げ、過去最低の2.25%とすることを決めた。新型コロナウイルスの流行で打撃を受ける国内経済の下支えを狙ったもので、利下げ...[記事全文]

2020.06.23
ベトナムの20年GDP成長率を上方修正、楽観シナリオは5.5%増=VEPR

ハノイ国家大学傘下のベトナム経済・政策研究センター(VEPR)は、このほど公表したレポート「2020年ベトナム経済報告」の中で、2020年のGDP成長率見通しを上方修正した。 上方修正の背景には、ベトナムが新型コロナウ...[記事全文]

2020.06.15
日本格付研究所、フィリピンの信用格付けを「A-」に引き上げ

日本格付研究所(JCR)は11日、フィリピンの長期債務の信用格付けを「BBB+」から「A-」に1段階引き上げたことを発表した。一方、格上げを実施したため、格付け見通しについては「ポジティブ」から「安定的」に変更した。 ...[記事全文]

2020.05.20
20年Q1のタイGDP成長率は1.8%減、コロナや干ばつで6年ぶりマイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は、前年同期比1.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大や干ばつが経済を下押し、反政府デモなどで政情不安となった14年第1四半...[記事全文]

2020.05.14
20年Q1のマレーシアGDP成長率、新型コロナの影響でプラス0.7%に減速

マレーシア中央銀行によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は前年同期比プラス0.7%となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月18日から活動制限令を発令した影響もあり、前期のプラス3.6%から減速した。...[記事全文]

2020.05.08
20年Q1のフィリピンGDP成長率は0.2%減、21年ぶりのマイナス成長

フィリピン統計局(PSA)が7日に発表した、2020年第1四半期(1~3月)のGDP成長率は前年同期比0.2%減となり、アジア通貨危機後の1998年第4四半期(10~12月)以来、約21年ぶりのマイナス成長を記録した。 ...[記事全文]

2020.05.07
ベトナム政府、今年のGDP成長率目標をプラス5%超に下方修正

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は5日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえ、2020年におけるベトナムのGDP成長率目標を従来のプラス6.8%から下方修正し、プラス5%超とすることを明らかにした。 なお、ベ...[記事全文]

2020.04.17
フィリピン中銀が0.5%の緊急利下げを決定、政策金利2.75%に

フィリピン中央銀行は16日、臨時の金融政策決定会合を開催し、政策金利に相当する翌日物借入金利(RRP)を0.5%引き下げ、2.75%にすることを決めた。利下げの決定は2月の0.25%、3月の0.5%に続き、3ヵ月連続となる。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索