海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(金融・経済)

2020.12.02 NEW
日系中小企業の有望な事業展開先、ベトナムが7年連続で首位

日本政策金融公庫がこのほど公表した、日系中小企業の海外現地法人を対象に実施した調査レポートによると、今後の事業展開における有望国・地域としてベトナムが7年連続で首位となったことがわかった。 調査は今年8月下旬~9月...[記事全文]

2020.11.17
20年Q3のマレーシアGDPは2.7%減、制限緩和で急回復

マレーシア中央銀行によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率は前年同期比2.7%減となった。2四半期連続のマイナス成長となったものの、6月初旬に活動制限令が緩和され、止まっていた経済活動が再開し始めたことで、第2四...[記事全文]

2020.11.17
20年Q3のタイGDP成長率は6.4%減、3期連続マイナスも大幅改善

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.4%減となった。3四半期連続のマイナスとなったものの、新型コロナウイルス対策の経済活動制限が緩和され...[記事全文]

2020.11.11
20年Q3のフィリピンGDP成長率は11.5%減も、最悪期は脱する

フィリピン統計庁(PSA)は10日、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)が前年同期比11.5%減となり、3四半期連続でのマイナス成長になったことを発表した。 フィリピンのGDPは、政府が3月から...[記事全文]

2020.10.30
20年Q3の米GDPは33.1%増で過去最大の伸び、個人消費が急回復

米商務省によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比33.1%増となり、過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウンの影響で、前期は31.4%減と過去最大の落ち込...[記事全文]

2020.10.15
20年Q3のシンガポールGDP成長率は7%減も、前期からは急回復

シンガポール貿易産業相が14日に発表した2020年第3四半期(7~9月)のGDP成長率(推定値)は、物価変動を除いた実質で前年同期比7.0%減となった。3四半期連続でのマイナス成長となったものの、前期比では7.9%増となっており、新...[記事全文]

2020.09.30
20年Q3のベトナムGDP成長率、2.62%増に加速

ベトナム統計総局(GSO)によると、2020年第3四半期(7~9月)のGDP成長率は、前年同期比2.62%増となった。第3四半期としては2011年以降で最も低い成長率となったが、政府の迅速な対応によって新型コロナウイルスの封じ込めに...[記事全文]

2020.09.29
米S&P、20年のベトナムGDP成長率を1.9%増と予測

米大手格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)はこのほど公表したレポートの中で、2020年通年のベトナムのGDP成長率がプラス1.9%となり、東南アジアで唯一、プラス成長を維持するとの予想を示した。また、2021年のGDP成長率に...[記事全文]

2020.09.16
20年7月の在外フィリピン人送金額は7.8%増、9ヵ月ぶりの高い伸び

フィリピン中央銀行によると、2020年7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比7.8%増の27億8,300万ドル(約2,930億円)となり、9ヵ月ぶりの高い伸びを示...[記事全文]

2020.09.04
20年上半期のイスカンダル投資認可額は160億リンギ、コロナ禍でも順調

マレーシアのイスカンダル開発公社(IRDA)によると、2020年上半期(1~6月)におけるジョホール州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域)への投資認可額は、160億リンギ(約4,090億円)だった。新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索