海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(金融・経済)

2021.07.15
21年2QのシンガポールGDP成長率は14.3%、コロナ前水準の回復が視野に

シンガポール貿易産業省によると、2021年第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比14.3%増となった。新型コロナウイルスの流行で前年同期に過去最大の落ち込み(13.3%減)となった反動の面が大きいものの、2...[記事全文]

2021.07.01
21年のシンガポールGDP成長率は6%を上回る可能性、MAS見通し

シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行に相当)のラビ・メノン長官は、年次報告書の発表に伴う記者会見で、2021年通年のGDP成長率が前年比で6%を上回る可能性があるとの見解を示した。 メノン氏は、今年上半期(1~6月...[記事全文]

2021.06.30
21年4月の米ケースシラー住宅価格指数は14.9%上昇、15年ぶりの高い伸び

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが発表した2021年4月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市)は、前年比で14.9%上昇し、2005年12月以来の高い伸び率を記録した。 地域別に見...[記事全文]

2021.06.30
21年2QのベトナムGDP成長率は6.6%、外需支えに底堅く推移

ベトナム統計総局(GSO)によると、2021年第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率は前年同期比6.61%増とだった。これにより、1~6月の累計成長率は前年同期比5.64%増となった。 4月下旬以降、新型コロナウ...[記事全文]

2021.06.21
シンガポールの世帯月収は10年で4割増、高所得世帯が大幅に増加

シンガポール統計局が発表した2020年の国勢調査結果によると、2020年の世帯月収(勤労収入)の中央値は2010年比で38%増加し、7,744Sドル(約63万4,200円)となった。年平均の増加率は名目ベースで3.3%、インフレ率を...[記事全文]

2021.05.26
21年4月の米新築住宅販売は5.9%減、価格高騰が影響

米商務省によると、2021年4月の米新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比5.9%減の86万3,000戸となった。 歴史的な低金利環境を追い風にコロナ禍でも活況が続いてきた米住宅市場だが、木材...[記事全文]

2021.05.24
ベトナムの信用格付け見通しを「ポジティブ」に引き上げ、米大手S&P

米大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは21日、ベトナムの国家信用格付けを現状の「BB」に据え置いた一方で、格付け見通しを従来の「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ」に引き上げた。 これにより、米大手ム...[記事全文]

2021.05.18
21年1QのタイGDPは2.6%減、観光低迷で5期連続マイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比2.6%減だった。個人消費や公共投資はほぼコロナ前の水準を回復し、輸出も改善しているものの、新型コロナウイル...[記事全文]

2021.05.17
フォーブスの「グローバル2000」、フィリピンから6社が選出

米経済誌フォーブスは13日に公表した、世界の公開企業上位2,000社のランキング「グローバル2000」(2021年版)に、フィリピンから6社が選出された。 グローバル2000は、売上高、利益、保有資産、時価総額の4...[記事全文]

2021.05.12
21年1QのフィリピンGDPは4.2%減、感染高止まりで5期連続マイナス

フィリピン統計庁(PSA)によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比4.2%減となった。新型コロナウイルスの感染が高止まりし、厳格な外出・移動制限が継続される中、5四半期連続でのマイナス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索