海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(ベトナム)

2020.07.07 NEW
ベトナムの20年GDP成長率予測を3%に上方修正、格付大手フィッチ

米格付け大手フィッチ・レーティングス傘下のフィッチ・ソリューションズはこのほど、2020年のベトナムのGDP成長率予測を従来の2.8%から3%に上方修正した。 フィッチは、ベトナムが新型コロナウイルスの抑制に成功してい...[記事全文]

2020.07.07 NEW
ホテル・ニッコー・ハイフォンが8月1日に開業へ

ホテルオークラの子会社オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントはこのほど、ベトナム北部ハイフォン市で「ホテル・ニッコー・ハイフォン」を8月1日に開業すると発表した。 現在、新型コロナウイルスの影響で国際線の運航が限定的な...[記事全文]

2020.07.06 NEW
ベトナムの温泉フジトラベル、北中部ハティン省で高級海洋リゾート開発へ

ベトナムのオンセン・フジ・トラベル(温泉フジトラベル)はこのほど、北中部ハティン省で高級海洋リゾート「ウィンダム・コスタ・ハティン」を開発することを発表した。 同プロジェクトはタハハ地区の海岸沿いに、1兆ドン(約47億...[記事全文]

2020.07.03
20年Q2のホーチミン市住宅販売件数は倍増、コロナ早期終息が寄与か

米不動産サービス大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、2020年第2四半期(4~6月)におけるホーチミン市の住宅販売件数は、前年同期比で倍増の569戸となった。このうち65%は、不動産開発大手ビン・ホームズが手掛ける大...[記事全文]

2020.06.30
20年1~6月のベトナムGDP成長率は1.8%増、コロナ禍でもプラス成長維持

ベトナム統計総局(GSO)によると、2020年上半期(1~6月)のGDP成長率は、前年同期比1.81%増となった。前年同期の6.76%増からは大きく減速したものの、新型コロナウイルスの流行で世界的に不況に陥る中、ベトナムはウイルスの...[記事全文]

2020.06.23
ベトナムの20年GDP成長率を上方修正、楽観シナリオは5.5%増=VEPR

ハノイ国家大学傘下のベトナム経済・政策研究センター(VEPR)は、このほど公表したレポート「2020年ベトナム経済報告」の中で、2020年のGDP成長率見通しを上方修正した。 上方修正の背景には、ベトナムが新型コロナウ...[記事全文]

2020.05.27
越不動産開発サングループ、クアンニン省に日本式温泉リゾートを開業

ベトナムの不動産開発会社サン・グループは23日、北部クアンニン省カムファー市に日本式温泉リゾート「陽光温泉(YOKO Onsen)」の第1期開発部分を正式に開業した。 同リゾートは世界遺産ハロン湾から約10km、カムフ...[記事全文]

2020.05.21
バンブー航空が20年Q4に上場、年内に国際線25路線に拡大へ

ベトナムの大手不動産開発会社FLCグループ傘下のバンブー・エアウェイズは19日、2020年第4四半期(10~12月)にホーチミン証券取引所(HOSE)に上場することを明らかにした。バンブー・エアウェイズは当初、今年第2四半期(4~6...[記事全文]

2020.05.18
アジア太平洋地域、コロナ終息後もオフィスワークが主流に

米不動産仲介大手ジョンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、新型コロナウイルスの感染終息後も引き続き、アジア太平洋地域ではオフィスワークが主流になるとの見解を示した。 現在、ウイルスの流行を受けて、世界的に在宅で仕...[記事全文]

2020.05.13
20年Q1のベトナム住宅市場、コロナ禍で取引減少も価格は上昇

ベトナム建設省によると、2020年第1四半期(1~3月)のハノイ市とホーチミン市の住宅取引件数は、新型コロナウイルスの影響もあり、それぞれ前期比62%減、45%減と落ち込んだ。 一方、都心部で開発余地が限られ、土地取得...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索