海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(フィリピン)

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者...[記事全文]

2021.04.14
21年1Qの比オフィス需要は22.5%増、IT・BPMセクターがけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツ(LPC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のオフィス需要は前期比22.5%増の10万9,000㎡となった。 需要をけ...[記事全文]

2021.04.13
マニラ首都圏のケーブルカー建設計画が承認、仏政府が資金提供

フィリピン運輸省(DOTr)はこのほど、国家経済開発庁(NEDA)に対して、マニラ首都圏のケーブルカー・トランジットシステムの建設プロジェクトを承認したことを明らかにした。 開発はフランス政府からの資金提供によって...[記事全文]

2021.03.29
20年のフィリピン住宅価格指数は9.4%上昇、戸建てがけん引

フィリピン中央銀行によると、2020年通年の住宅価格指数(RREPI、14年1~3月=100)は、前年比9.4%増の138.9となった。新型コロナウイルスの流行により、フィリピンの住宅価格は第3四半期に落ち込んだものの、第1四半...[記事全文]

2021.03.25
フィリピンのBGC-オルティガス連絡橋、5月に一部開通へ

フィリピンの公共事業道路省(DPWH)は23日、現在建設を進めているマニラ首都圏タギッグ市のボニファシオ・グローバルシティ(BGC)とパシッグ市のオルティガス・センターを結ぶ連絡橋「Monica-Lawton Bridge」につ...[記事全文]

2021.03.05
フィリピンの超富裕層人口、2020~25年にかけて36%増加の見通し

英不動産サービス大手ナイト・フランクがこのほど公表した「ザ・ウェルス・レポート」の中で、フィリピンの超富裕層人口(投資可能資産額3,000万ドル以上)が、2020~2025年の5年間で35%増加し、658人になるとの予測を示した...[記事全文]

2021.02.22
比不動産開発CLI、セブ市に複合高層ビルを開発へ

フィリピンの不動産開発会社セブ・ランドマスターズ(CLI)は19日、中部セブ市で約40億ペソ(約87億円)を投じ、複合高層ビル「マスターズ・タワー・セブ」を開発すると発表した。2021年6月までに着工し、2025年の完成を予定し...[記事全文]

2021.02.08
フィリピンが入国制限を緩和、有効なビザ保有者が対象

フィリピン政府は5日、新型コロナウイルス対策で導入した外国人の入国制限措置を緩和することを発表。2020年3月20日時点で発給済みのビザ(有効期限内)を保有する外国人について、2021年2月16日から入国を認めるとした。 ...[記事全文]

2021.02.04
フィリピン下院、外国人の土地所有制限緩和について月内に採決へ

フィリピン下院の憲法改正委員会は2日、外国人による公有地の所有などを制限する条項の改正を求める決議案を賛成多数で採択した。これにより、今月の第2~3週にも下院本会議で採決が行われる見通しだという。 憲法では外国人による...[記事全文]

2021.01.29
20年のフィリピンGDP成長率は9.5%減、コロナや台風で過去最大の下落

フィリピン統計庁(PSA)によると、2020年通年の実質GDP成長率(速報値)は前年比9.5%減となり、統計を開始した1947年以降で最大の落ち込みを記録した。ただ、政府が見通しとして示していた8.5%減~9.5%減の範囲には収まっ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索