海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(フィリピン)

2021.01.12
フィッチがフィリピンの格付けを据え置き、21年は6.9%成長を予測

英米系の大手格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、フィリピンの外貨建て長期国際の信用格付けを投資適格級である「BBB」に据え置くことを発表した。また、見通しについても「ステーブル(安定的)」を維持した。 新型コロ...[記事全文]

2021.01.04
フィリピンが変異種確認国からの入国を15日まで停止、日本も対象

フィリピン政府は先月29日、新型コロナウイルスの変異種が確認された国・地域からの外国人の入国を、2021年1月15日まで停止すると発表した。フィリピンではまだ変異種の感染事例は確認されていないため、水際対策を徹底することで侵入を防ぐ...[記事全文]

2020.12.21
フィリピンが就労ビザ保有者の再入国を一部許可も、対象は限定的

フィリピン政府は18日、新型コロナウイルス対策として3月から実施している外国人の入国規制を緩和し、一般的な就労ビザ(9g)の保有者などの再入国を一部認めることを発表した。 再入国の際には既存の有効なビザを保有している必...[記事全文]

2020.12.16
20年10月の在外フィリピン人送金額は2.9%増、2ヶ月連続のプラス

フィリピン中央銀行によると、2020年10月におけるフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由)は、前年同月比2.9%増の27億4,700万ドル(約2,850億円)だった。 新型...[記事全文]

2020.12.01
マニラ首都圏エドサ通り、大量輸送バスシステムを整備へ

フィリピンの投資家フランシス・ユセコ氏が率いるトラックウェイ・コンソーシアム(企業連合)はこのほど、慢性的な交通渋滞を緩和するため、マニラ首都圏の幹線道路であるエドサ通りに沿って大量輸送バスシステムを整備する考えであることを明ら...[記事全文]

2020.11.24
フィリピンが外国人入国規制の緩和拡大、特定の貿易業者など

フィリピン政府はこのほど、外国人入国規制の緩和措置の対象に、新たに特定の貿易業者や投資家を追加することを発表した。 新型コロナウイルスの感染抑止策として、フィリピン政府は3月中旬から外国人の入国規制を続けてきたが、11...[記事全文]

2020.11.11
20年Q3のフィリピンGDP成長率は11.5%減も、最悪期は脱する

フィリピン統計庁(PSA)は10日、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)が前年同期比11.5%減となり、3四半期連続でのマイナス成長になったことを発表した。 フィリピンのGDPは、政府が3月から...[記事全文]

2020.11.10
フィリピン不動産大手ロビンソンズ、21年にREIT上場へ

フィリピンの大手財閥ゴコンウェイ系の不動産開発会社ロビンソンズ・ランドは6日、2021年にもフィリピン証券取引所に不動産投資信託(REIT)を上場する考えを明らかにした。 RLCのフレデリック・ゴー社長は、計画の詳細は...[記事全文]

2020.11.09
マニラ首都圏の高級住宅市場、コロナ禍でも堅調

米不動産サービス大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、新型コロナウイルスの流行によって景気が減速する中でも、フィリピン・マニラ首都圏の高級住宅市場は堅調さを維持しているとの見解を示した。 JLLフィリピ...[記事全文]

2020.11.05
比大手財閥アヤラ、タギッグ市に国内初のがん専門病院を設立へ

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーションのヘルスケア部門アヤラ・ヘルスケア・ホールディングス(ACヘルス)は3日、マニラ首都圏タギッグ市の工業団地「フード・ターミナル(FTI)」に、国内初のがん専門病院を設立すると発表した。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索