海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.04.11
比不動産大手ダブルドラゴン、年内にホテル部門をNASDAQ上場へ

フィリピンの不動産開発大手ダブルドラゴン・コーポレーションは8日、ホテル事業を展開する子会社「ホテル101・グローバル」が年内に米NASDAQ(ナスダック)に上場する見通しであると発表した。

同社は昨年8月、「ホテル101」ブランドの国際展開を加速させるため、SPAC(特別買収目的会社)との合併を通じてのNASDAQ上場を目指す方針を明らかにしていた。予定通り実現すれば、フィリピン企業による初めてのアメリカの証券取引所での上場となる。

ダブルドラゴンによると、すでにNASDAQに上場しているSPAC「JVSSPACアクイジション」とこのほど正式に合併契約を締結。今後、当局や株主の承認を経て年内に合併手続きを完了させる予定で、その後に新会社として「HBNB」のティッカーシンボルでNASDAQに上場することになるという。新会社はダブルドラゴンの子会社とする計画で、企業価値は約23億ドル(約3,510億円)を見込んでいる。

ダブルドラゴンは、フィリピンの外食大手ジョリビー・フーズ・コーポレーションの創業者兼会長トニー・タン・カクティオン氏や、国内史上最年少でビリオネアとなった実業家エドガー・シア氏が共同保有する不動産開発会社。同社は、2040年までに「ホテル101」ブランドを世界100ヵ国・地域で50万室超を展開する世界トップ5のブランドにすることを目指しており、2026年までに北海道のニセコ地域や米国のカリフォリニア州、スペインのマドリードなど、計25ヵ国に進出する準備を進めている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.30 NEW
ハノイ市、集合住宅開発における人口基準を設定

ベトナムの首都ハノイ市人民委員会は27日、集合住宅(アパートメント)や商業施設を併設する複合集合住宅などを開発する際の基準となる人口目標を設定した。 詳細計画や敷地計画、建設計画の段階では、集合住宅や複合集合住宅の人口は1戸当たり3.6人を基準とする。間...[記事全文]

2024.05.28 NEW
セブ市、クリエイティブ産業特区を開発へ

フィリピン中部のセブ市政府はこのほど、クリエイティブ産業特区「セブ・クリエイティブ・ディストリクト」の開発を目指す方針を明らかにした。 市内にある40~60ヘクタールの敷地に、映画製作、エンターテインメント、文化芸術、デザイン、建築などのクリエイティブ産業を...[記事全文]

2024.05.27 NEW
比ケソン市の高級IR施設「ソレア」が開業、観光促進へ

フィリピンの大富豪エンリケ・ラソン氏が率いるカジノ運営企業ブルームベリー・リゾーツは25日、マニラ首都圏ケソン市に高級IR(統合型リゾート)施設「ソレア・リゾート・ノース」を開業した。 ブルームベリーにとっては、マニラ湾岸エリアの「ソレア・リゾート・エンター...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年04月11日