海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(タイ)

2018.08.09
タイ中央銀行、26会合連続で政策金利の据え置きを決定

タイ中央銀行(BOT)は8日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。金利の据え置きは26会合連続となる。タイ経済について中銀は、輸出主導で回復を続けているとした一方、個人消費には弱さ...[記事全文]

2018.07.23
アジア開発銀行、タイの18年GDP成長率予測を4.2%に上方修正

アジア開発銀行(ADB)は、19日に公表した経済レポート「Asian Development Outlook」で、2018年のタイGDP成長率予測を、従来の4.0%から4.2%に上方修正した。輸出の好調などを背景に、18年第1四半期(1~3...[記事全文]

2018.07.09
住友林業、チャオプラヤ川沿いで高級コンドを開発へ

住宅開発大手の住友林業は6日、タイの大手デベロッパーであるプロパティー・パーフェクト(PF)や、PF傘下のグランド・アセット・ホテルズ&プロパティーと特定目的会社(SPC)を設立し、バンコクのチャオプラヤ川沿いに高級コンドミニアムを開発する...[記事全文]

2018.06.27
駐在員の生活費ランキング、シンガポールは世界4位

米コンサルティング大手マーサーが26日発表した「2018年世界生計費調査」によると、シンガポールは外国人駐在員の生活費の高さで世界4位だった。首位は香港で、以下、東京が2位、スイス・チューリッヒが3位、韓国・ソウルが5位と続くなど、上位10...[記事全文]

2018.06.21
スワンナプーム国際空港、2021年にも第2ターミナルを開設へ

タイ国営の空港運営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は20日の理事会で、バンコク郊外にあるスワンナプーム国際空港に第2ターミナルを建設するための、約420億バーツの投資予算を承認した。第2ターミナルは2021年の完成見込んでおり、完...[記事全文]

2018.06.19
タイ、土地建物税の導入を2020年に延期へ

タイの国家立法議会(NLA)は、来年に予定していた固定資産税に相当する土地建物税法案の施行を、2020年に延期するよう政府に提案する見通し。軍事政権が来年2月に民政移管に向けた総選挙を実施する方針を示している中、現政権内でも重要法案の施行は...[記事全文]

2018.06.14
スターバックス、バンコクの商業施設に国内最大の旗艦店を開業

スターバックス・コーヒーは、タイ進出20周年を記念し、バンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド」に国内最大の旗艦店「スターバックス・リザーブ・バー」を開業した。店舗面積760m2、席数230席の新店舗では、通常メニューのほか、全米...[記事全文]

2018.06.13
積水化学工業、タイの一戸建て分譲事業に参入へ

積水化学工業は12日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)と合弁会社「PF-Sekisui JV Co., Ltd.」を設立し、同国の一戸建て分譲事業に参入することを明らかにした。土地情報収集力が高く、分譲地開発・販売ノウハ...[記事全文]

2018.05.30
大林組、バンコク都心でオフィスビル建設へ

ゼネコン大手・大林組のタイ現地法人であるタイ大林は、約300億円を投じてバンコクのクロントイ地区にオフィスビルを建設すると発表した。完成は2021年を見込んでいる。 高架鉄道(BTS)の駅と直結する同ビルは、地上29階、地下4階、延べ...[記事全文]

2018.05.28
JALUX、バンコク初の日本産食材卸売市場を6月9日に開業へ

双日や日本航空(JAL)が出資する商社「JALUX」は6月9日、タイに設立した合弁会社を通じ、同国初となる日本産食材の卸売市場「トンロー日本市場」をバンコクのソイ・トンロー13にある日本村モール内で開業する。専有面積700m2の市場では、日...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索