海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(タイ)

2019.03.15
タイで土地・建物税法が施行、徴税は20年1月から

タイ政府は12日、日本の固定資産税に相当する「2562年土地・建物税法」を官報に告示し、13日付で発効した。徴税の開始は2020年1月1日となる。同法の成立により、毎年1月1日時点で土地や建物を保有している人に、その年の土地・建物税が課...[記事全文]

2019.03.14
バンコクのオフィス入居率、18年10~12月期は14年以降で最高

米系不動産仲介大手CBREタイランドによると、2018年第4四半期(10~12月)の首都バンコクにおけるオフィス入居率は93.4%となり、14年以降で最高の水準を記録した。 タイプ別に入居率を見ると、CBDのグレードA(最上級)が...[記事全文]

2019.03.05
積水化学工業、バンコクで中間層向け住宅市場を開拓へ

積水化学工業がタイの首都バンコクで、2023年度末までに中価格帯の分譲ユニット住宅(工場で生産された部屋単位のユニットを組み合わせた住宅)の開発を検討していることがわかった。同社はこれまで、バンコクで富裕層向けの高級住宅を手掛けているが...[記事全文]

2019.02.26
伊藤忠商事、タイの大手財閥系デベロッパーとコンド開発へ

伊藤忠商事は25日、タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下の不動産開発会社マグノリア・クオリティ・デベロップメント(MQDC)と提携し、不動産開発事業などに共同で取り組むことを発表した。 第1弾プロジェクトとして、バ...[記事全文]

2019.02.19
18年のタイGDP成長率は4.1%増、過去6年で最大の伸び

タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)が発表した2018年通年の実質GDP成長率は、前年比4.1%増となり、過去6年で最大の伸び率を記録した。項目別では、輸出が7.7%、民間消費が4.6%、民間投資が3.9%とそれぞれ増加した。 ...[記事全文]

2019.02.13
阪急阪神不動産、バンコクで新たにコンド4件を開発へ

阪急阪神不動産は12日、タイの住宅開発会社セナ・デベロップメントタイと共同で、バンコク首都圏において新たにコンドミニアム4件を開発すると発表した。これにより、同社によるタイのコンドミニアム開発事業への参画件数は11件となり、戸数は9,0...[記事全文]

2019.02.05
⻄部ガスがタイの不動産事業に参⼊、初の海外法⼈設⽴

⻄部ガスは4⽇、タイに同社初の海外現地法⼈を設⽴したと発表した。経済成⻑が続くタイで、富裕層向けの不動産開発事業や賃貸事業を展開する考えで、都市ガスの競争環境が厳しくなる中、経営の多⾓化を進める狙い。 まずは地場デベロッパーのエン...[記事全文]

2018.12.26
米ファストフード「タコベル」、タイ1号店が来月オープン

世界各国で約7000店舗を展開しているアメリカ発祥のメキシカン・ファストフ―ド店「タコベル」のタイ1号店が、2019年1月24日にバンコクで開業する。出店場所は、バンコク中心部の高架鉄道(BTS)チットロム駅直結の商業施設「マーキュリー...[記事全文]

2018.12.25
バンコクのコンドミニアム価格、18年は平均7.6%上昇

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングは24日、2018年のバンコクにおけるコンドミニアムの平均価格が、前年比7.6%増の1m2当たり14万600バーツになったと発表した。 同社のナリンラット社長によると、18...[記事全文]

2018.12.21
ホテルニッコー、タイ東部の工業団地にホテルを開業へ

ホテルオークラの子会社であるオークラニッコーホテルマネジメントは18日、タイ東部チョンブリ県アマタシティ・チョンブリ工業団地内で、「ホテル・ニッコー・アマタシティ・チョンブリ」を2021年に開業すると発表した。総合建設会社フジタと日本の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索