海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(米国本土)

2019.09.19
米FRBが追加利下げを決定、経済堅調もリスクに「保険」かける

米連邦準備理事会(FRB)は18日に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利となるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標を0.25ポイント引き下げ、1.75~2.00%とすることを7対3で決定した。利下げは7月に続い...[記事全文]

2019.08.01
米FRBが0.25%の利下げを決定、10年半ぶり

米連邦準備理事会は31日に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利となるフェデラルファンドレート(FFレート)を0.25%引き下げ、年2.00~2.25%とすることを決定した。利下げに踏み切るのは、2008年12月以来と...[記事全文]

2019.07.29
4~6月米GDP成長率は2.1%増、前期より減速も予想は上回る

米商務省が発表した第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比2.1%増となった。企業の設備投資や輸出の減少により、前期の3.1%増から伸びは鈍化したものの、個人消費が上振れしたため、市場予想(1.8%増)...[記事全文]

2019.06.04
米国務省、ビザ申請者にSNSアカウントの提出を義務付ける措置を開始

米国務省はこのほど、アメリカ入国にあたって査証(ビザ)を申請する際、過去5年間に使用したソーシャルメディア(SNS)のアカウント情報やメールアドレス、電話番号の提出を義務付ける措置を開始した。 これまでこれらの情報は、...[記事全文]

2019.03.01
18年10~12月の米GDP成長率は2.6%増、堅調な個人消費が下支え

米商務省が28日発表した2018年第4四半期(10~12月)の実質GDP(季節調整済み)は、年率換算で前期比2.6%増となった。好調な雇用情勢などを背景に、引き続き個人消費が堅調だった中、潜在成長率(2%弱)を上回る伸びを維持した。なお...[記事全文]

2018.12.20
米FRBが追加利上げを決定、来年の利上げ予測は2回に減少

米連邦準備制度理事会(FRB)は19日、連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利となるFF金利の誘導目標を従来より0.25ポイント引き上げ、「年2.25~2.50%」とすることを決めた。トランプ米大統領が景気への影響を懸念して利上げ批...[記事全文]

2018.11.05
10月の米雇用統計、平均時給3.1%増と09年以来の大きな伸び

米労働省が2日に発表した10月の雇用統計で、平均時給が前年同月比3.1%増となり、2009年4月以来の大きな伸びを記録した。景気動向に敏感な非農業部門雇用者数(季節調整済み)が、前月比25万人増となり前月(11万8000人増)から伸びが...[記事全文]

2018.09.27
米FRBが今年3度目の利上げを決定、声明から「緩和的」の文言を削除

米連邦準備理事会(FRB)は26日に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利に当たるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、2.00~2.25%とすることを全会一致で決定した。4~6月期のGDP成長率が...[記事全文]

2018.09.20
キャピタランドが米国の集合住宅16軒を取得、有望市場と見込む

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは18日、完全子会社のキャピタランド・インターナショナルを通じて、アメリカの集合住宅16軒を、総額8億3,500万ドル(約937億円)で取得したことを発表した。同社がアメリカの集合住宅を取...[記事全文]

2018.09.10
8月の米雇用統計、賃金が9年ぶりの高い伸び

米労働省が発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万1,000人増となり、前月から伸びが加速した。また、失業率は前月比横ばいの3.9%だった。米労働市場が完全雇用に近い水準にある中、非農業部門雇用者数が好調さの目安となる20万...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索