海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(米国本土)

2022.11.04
米FRBが4会合連続で0.75%利上げ、最終到達水準は上振れも

米連邦準備制度理事会(FRB)は2日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75ポイント引き上げ、3.75~4.00%とすることを決定した。記録的な高インフレに対応するため、通常の3倍の上げ幅を4会合連続で決定するという...[記事全文]

2022.10.28
22年3Qの米GDP成長率は2.6%増、3四半期ぶりにプラス

米商務省によると、2022年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比2.6%増だった。プラス成長となるのは3四半期ぶりで、市場予想(2.3%増)も上回った。 ただ詳細を見ると、物価高や...[記事全文]

2022.10.21
22年9月の米中古住宅販売件数は1.5%減、8ヵ月連続の減少

全米不動産協会(NAR)によると、2022年9月の米中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比1.5%減の471万戸となった。住宅ローン金利の上昇や物件価格の高止まりによって取得のハードルが上がる中、8ヵ月連続で減少し...[記事全文]

2022.09.21
22年8月の米住宅着工件数は12.2%増、2ヵ月ぶりに増加

米商務省によると、2022年8月の住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比12.2%増の157万5,000戸となり、2ヵ月ぶりに増加に転じた。急激な上昇が続いていた住宅ローン金利が、8月に一時的に低下したことが消費者心理...[記事全文]

2022.08.24
22年7月の米新築住宅販売は12.6%減、6年半ぶりの低水準

米商務省によると、2022年7月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比12.6%減の51万1,000戸と、2016年1月以来の低水準となった。 地域別で見ると、北東部は13.3%増となったも...[記事全文]

2022.07.21
22年6月の米中古住宅販売件数は2年ぶり低水準、金利上昇響く

全米不動産協会(NAR)によると、2022年6月の中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比5.4%減の512万戸となり、2020年6月以来の低水準となった。減少は5ヵ月連続。 住宅ローン金利の上昇や住宅...[記事全文]

2022.07.21
マンハッタンの平均家賃は初の5000ドル超え、秋に向け一段高か

米不動産仲介大手ダグラス・エリマンと不動産鑑定会社ミラー・サミュエルによると、2022年6月におけるニューヨーク州マンハッタンのアパート(マンション)平均月額賃料は、前年同月比29%上昇の5,058ドル(約69万9,500円)と...[記事全文]

2022.06.29
22年4月の米ケース・シラー住宅価格指数は21%上昇も、減速の兆し

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズがまとめた、2022年4月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市、2000年=100)は、前年同月比21.2%増の311.84となり、過去最高を更新した。 米住宅...[記事全文]

2022.06.22
22年5月の米中古住宅販売は2年ぶり低水準、価格は過去最高

全米不動産協会(NAR)によると、2022年5月の中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比3.4%減の541万戸と、2020年6月以来の低水準を記録した。地域別に見ると、北東部は前月比1.5%増となったものの、中西部...[記事全文]

2022.06.17
22年5月の米住宅着工件数は14.4%減、金利急騰が重し

米商務省によると、2022年5月の米住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比14.4%減の154万9,000戸となり、2021年4月以来の低水準となった。 住宅価格の高騰によって初めて購入を検討している層に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索