海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(米国本土)

2021.02.22
21年1月の米中古住宅販売は3ヶ月ぶり高水準、価格も在庫不足で高騰

全米不動産協会(NAR)によると、2021年1月の中古住宅販売件数(季節調整済)は、年率換算で前月比0.6%増(前年同月比23.7%増)の669万戸となり、3ヵ月ぶりの高水準を記録した。 住宅ローン金利が歴史的な低水準...[記事全文]

2021.02.19
21年1月の米住宅着工件数は5ヵ月ぶり減少も、許可件数は急増

米商務省が18日に発表した2021年1月の住宅着工件数(季節調整済)は、年率換算で前月比6%減の158万戸となった。木材価格の値上がりなどが抑制要因となり、5ヵ月ぶりに減少した。 ただ、先行指標となる1月の住宅着工許可...[記事全文]

2021.01.29
20年の米GDP成長率は3.5%減、74年ぶりのマイナス幅

米商務省によると、2020年通年の実質GDP成長率(速報値)は前年比3.5%減と、1946年以来の大幅な落ち込みを記録した。新型コロナウイルスの流行によって、飲食業や航空業、観光業などのサービス業を中心に大きな打撃を受けたことで失業...[記事全文]

2021.01.27
20年11月の米ケースシラー住宅価格指数は9.1%上昇、6年半ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが26日に発表した2020年11月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市圏/2000年1月=100)は、前年同月比9.1%上昇の238.94となり、2014年5月以来、最大の...[記事全文]

2021.01.22
20年12月の米住宅着工件数は5.8%増、約14年ぶりの高水準

米商務省によると、2020年12月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比5.8%増の166万9,000戸と、2006年9月以来、14年3ヵ月ぶりの高水準を記録した。 新型コロナウイルスの流行が依然として継続し...[記事全文]

2020.11.27
20年10月の米新築住宅販売は0.3%減も、06年以来の高水準を維持

米商務省によると、2020年10月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比0.3%減の99万9,000戸となった。前年同月比では41.5%増だった。 前月比では6ヶ月ぶりの減少となったものの、過...[記事全文]

2020.10.30
20年Q3の米GDPは33.1%増で過去最大の伸び、個人消費が急回復

米商務省によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比33.1%増となり、過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウンの影響で、前期は31.4%減と過去最大の落ち込...[記事全文]

2020.10.28
20年8月の米ケースシラー住宅価格指数は5.2%上昇、2年ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが27日に発表した2020年8月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(20都市圏)は、前年同月比5.2%上昇の229.35となり、2018年8月以降で最大の伸び率となった。 ...[記事全文]

2020.10.27
20年9月の米新築住宅販売件数は5ヵ月ぶりマイナスも、高水準を維持

米商務省が発表した2020年9月の新築住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比3.5%減の95万9,000戸となった。5ヵ月ぶりのマイナス成長となったものの、歴史的な低水準にある住宅ローン金利や、在宅勤務の定着で人口密度の高い...[記事全文]

2020.10.21
20年9月の米住宅着工件数は1.9%増、一戸建てが約13年ぶり高水準

米商務省によると、2020年9月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比1.9%増の141万5,000戸となった。過去最低水準にある住宅ローン金利に加え、新型コロナウイルスの流行やそれに伴う在宅勤務の普及によって、より広いス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索