海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(不動産)

2018.12.11 NEW
ワードビレッジの高級コンド「アエオ」が完成、引き渡し始まる

アメリカの大手不動産開発会社ハワードヒューズ・コーポレーションが、ホノルル近郊にあるカカアコ地区の大規模タウンシップ開発プロジェクト「ワードビレッジ」の一環として開発していた高級コンドミニアム「Ae'o(アエオ)」が竣工。このたび、オーナー...[記事全文]

2018.12.10 NEW
11月のオアフ島住宅販売価格、一戸建ては6.4%上昇

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況データによると、11月にオアフ島で販売された一戸建て住宅の件数は、前年同月比13%減の309件だったものの、中間販売価格は同6.4%増の80万ドルとなった。一方、コンドミニアムは販売件数が同9...[記事全文]

2018.12.07
長期滞在型ホテル「ハイアットハウス」がKLに開業、東南アジア初

米ホテル運営大手ハイアット・ホテルズ&リゾーツは6日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)のモントキアラ地区に、ホテル「ハイアット・ハウス・クアラルンプール(HHKL)」を開業した。同社が展開する長期滞在型ホテルブランド「ハイアット・ハ...[記事全文]

2018.11.29
デュシタニバンコク跡地の再開発計画が発表、1200億円規模

タイのホテル大手デュシタニが、バンコク中心部シーロム地区のホテル「デュシタニ・バンコク」跡地の再開発計画の概要を発表。小売り大手セントラル・グループ傘下の商業施設開発・運営会社セントラル・パタナーと共同で、23ライ(3.68ヘクタール)の敷...[記事全文]

2018.11.28
セブ不動産大手CLI、ダバオ市で大型複合開発を推進へ

フィリピンのセブ市を本拠とする不動産大手セブ・ランドマスターズ(CLI)は、ミンダナオ地方ダバオ市で大型複合開発プロジェクト「ダバオ・グローバル・タウンシップ(DGT)」が着工したことを明らかにした。当初投資額は126億ペソ(約272億円)...[記事全文]

2018.11.28
マレーシアのAirbnb成長率、東南アジア最大の99%増

民泊サービス大手の米Airbnb(エアビーアンドビー)によると、今年上半期にマレーシアでサービスを利用したゲスト数は、前年同期比99%増の200万人となり、東南アジア地域で最大の伸びを示した。また、掲載物件数も同60%増の4万4,000件と...[記事全文]

2018.11.27
JR九州、バンコクで海外初のホテル事業に参入

JR九州は26日、アメリカの大手ホテル運営会社マリオット・インターナショナル・グループが、タイ・バンコクで運営するホテル「アロフト・バンコク・スクンビット11」の賃貸借契約を結び、11月1日付で経営を引き継いだことを発表した。賃借期間は30...[記事全文]

2018.11.26
野村不動産と三越伊勢丹、フィリピン初開発案件の住宅棟が販売開始

野村不動産ホールディングス(HD) と三越伊勢丹ホールディングス(HD)は22日、マニラ首都圏タギッグ市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)内で開発する大型複合施設「サンシャイン・フォート」の住宅棟の販売を開始することを発表した。同プロ...[記事全文]

2018.11.22
マニラ首都圏のコンド開発、湾岸エリアで活発化

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンによると、マニラ首都圏のコンドミニアム市場において、マニラ湾岸エリアでの開発が活発化しており、2018年第3四半期(7~9月)にマニラ首都圏で引き渡されたコンドミニアムの総戸数...[記事全文]

2018.11.15
阪急阪神不動産、フィリピンで新たに2つの住宅分譲事業に着手へ

阪急阪神不動産は13日、フィリピンの不動産開発会社PAアルバレス・プロパティーズ&デベロップメント(PA)と共同で、同国内にて新たに2つの住宅分譲事業を進めることを明らかにした。両社は、フィリピンで既に第1号案件を手掛けており、フィリピン国...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索