海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(不動産)

2018.08.17 NEW
フィリピン大手財閥DMCI、18年上半期は2ケタ増収益

フィリピンの大手財閥DMCIホールディングスが発表した2018年上半期(1~6月)の決算は、売上高が前年同期比19%増の442億ペソ、純利益が21%増の92億ペソだった。部門別の利益をみると、不動産部門のDMCIホームズは特別利益を除いた純...[記事全文]

2018.08.15 NEW
比不動産大手アヤラ、マニラ首都圏でドミトリー物件を4軒建設へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、マニラ首都圏の4ヵ所に、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業などで働く若者をターゲットにした、相部屋形式のドミトリー物件を建設する。これらはALIグループが運営する「ザ・フ...[記事全文]

2018.08.10
比不動産大手アヤラ、上半期は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年上半期(1~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比25%増の804億ペソ、純利益が18%増の135億ペソだった。売上高を部門別にみると、全体の7割を占める不動産開発部門の...[記事全文]

2018.08.09
マニラ首都圏のオフィス需要が過去最高に、上期ですでに17年通年超え

世界的な不動産サービス会社であるコリアーズ・インターナショナルは8日、2018年上半期(1~6月)におけるマニラ首都圏の新規オフィス需要が64万1,000m2となり、17年通年の63万8,000m2をすでに超えたと発表した。トランプ米大統領...[記事全文]

2018.08.08
7月のオアフ島住宅販売価格、一戸建て・コンド共に上昇

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況レポートによると、7月にオアフ島で売買された一戸建て住宅の件数は、前年同月比1.5%減の330件だったものの、中間価格は同5.3%増の78万9,500ドルとなった。また、コンドミニアムは売買件...[記事全文]

2018.07.27
マレーシア不動産市場、来年には投資マインド回復へ

英系不動産仲介大手ナイト・フランクは、マレーシアの不動産市場について、政権交代で政策の不透明感が和らいでいることから、来年の第1四半期(1~3月)頃には投資マインドが回復するとの見通しを示した。 住宅市場については、経済成長の勢いがや...[記事全文]

2018.07.25
マニラベイエリアのオフィス賃貸面積、向こう3年で倍増へ

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルによると、マニラベイエリアのオフィス総賃貸面積(GLA)は、2021年までの3年間で17年比2.3倍の93万m2に拡大する見通し。同社フィリピン法人で貸主担当ディレクターを務めるアンド...[記事全文]

2018.07.11
6月のオアフ島コンドミニアム販売、価格・件数ともに増加

ホノルル不動産協会(HBR)が公表した最新の不動産市況レポートによると、6月にオアフ島で売買されたコンドミニアムは前年同月比2.1%増の547件となり、販売価格(中央値)も同5%増の42万ドルだった。一方、一戸建て住宅の販売件数は同1.4%...[記事全文]

2018.07.10
オルティガス財閥、CBD開発に260億ペソを投資へ

フィリピンの大手財閥「オルティガス・グループ」の不動産開発部門である「オルティガス&カンパニー」は、マニラ首都圏パシッグ市のオルティガス中央商業地区(CBD)内の複合地区「キャピトル・コモンズ」の開発に260億ペソ(538億円)を投資すると...[記事全文]

2018.07.09
住友林業、チャオプラヤ川沿いで高級コンドを開発へ

住宅開発大手の住友林業は6日、タイの大手デベロッパーであるプロパティー・パーフェクト(PF)や、PF傘下のグランド・アセット・ホテルズ&プロパティーと特定目的会社(SPC)を設立し、バンコクのチャオプラヤ川沿いに高級コンドミニアムを開発する...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索