海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(不動産)

2021.02.19
21年1月の米住宅着工件数は5ヵ月ぶり減少も、許可件数は急増

米商務省が18日に発表した2021年1月の住宅着工件数(季節調整済)は、年率換算で前月比6%減の158万戸となった。木材価格の値上がりなどが抑制要因となり、5ヵ月ぶりに減少した。 ただ、先行指標となる1月の住宅着工許可...[記事全文]

2021.02.18
ハノイの賃貸オフィス市場、21年も好調維持の見通し

英系総合不動産サービス大手サヴィルズ・ベトナムはこのほど、ハノイ市の賃貸オフィス市場について、新型コロナウイルスの収束による景気回復や外国人観光客の増加などを背景に、2021年も好調を維持するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.02.10
ワイキキの「カイアロハホテル」、日本の投資家が810万ドルで買収

ハワイ州ワイキキの中心部に建つ3階建てブティックホテル「カイアロハ・ホテル」(全18室)を、大阪の不動産投資会社パインランドが810万ドル(約8億4,600万円)で買収したことがこのほど明らかになった。同社にとって初のハワイ投資...[記事全文]

2021.02.09
21年1月のオアフ島住宅販売、戸建て・コンドともに好調なスタート

ホノルル不動産協会(HBR)がこのほど公表した最新の市況レポートによると、2021年1月のオアフ島における一戸建て住宅の販売件数は前年同月比9.8%増の291件、販売価格(中央値)は同14.7%増の88万3,000ドル(約9,3...[記事全文]

2021.02.04
フィリピン下院、外国人の土地所有制限緩和について月内に採決へ

フィリピン下院の憲法改正委員会は2日、外国人による公有地の所有などを制限する条項の改正を求める決議案を賛成多数で採択した。これにより、今月の第2~3週にも下院本会議で採決が行われる見通しだという。 憲法では外国人による...[記事全文]

2021.02.04
タイ不動産大手サンシリ、20年Q1販売目標の7割を1ヵ月で達成

タイの不動産開発大手サンシリのウタイ・ウタイサンスック最高執行責任者(COO)はこのほど、2020年1月の住宅予約販売額が35億バーツ(約123億円)になったと発表した。同社は第1四半期(1~3月)の住宅予約販売額の目標を50億...[記事全文]

2021.02.02
マレーシアの住宅市場、コロナ禍で郊外に人気が移行

マレーシアの不動産ポータルサイト「iProperty」はこのほど、新型コロナウイルスの流行で在宅勤務が普及する中、郊外のより広い住宅を探している人が増加しているとの見解を示した。 同社によると、2020年の物件需要はセ...[記事全文]

2021.01.27
20年11月の米ケースシラー住宅価格指数は9.1%上昇、6年半ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが26日に発表した2020年11月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市圏/2000年1月=100)は、前年同月比9.1%上昇の238.94となり、2014年5月以来、最大の...[記事全文]

2021.01.25
越不動産大手FLC、クアンビン省で5つ星ホテルなどの建設に着工

ベトナムの大手不動産開発会社FLCグループはこのほど、中部クアンビン省クアンニン郡ハイニン村で進めている複合リゾート開発プロジェクト「FLCクアンビン・ビーチ&ゴルフリゾート」の一環として、5つ星ホテルと国際会議場の建設に着手し...[記事全文]

2021.01.22
20年12月の米住宅着工件数は5.8%増、約14年ぶりの高水準

米商務省によると、2020年12月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比5.8%増の166万9,000戸と、2006年9月以来、14年3ヵ月ぶりの高水準を記録した。 新型コロナウイルスの流行が依然として継続し...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索