海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(政治)

2019.03.12
フィリピンの政府インフラ支出、18年実績は41%増の8,036億ペソ

フィリピンの予算管理省によると、2018年の政府インフラ支出は前年比41.3%増の8,036億ペソ(約1兆7,116億円)だったと明らかにした。また、政府系企業や地方自治体を含めたインフラ支出の総額はGDPの5.1%相当の8,862億ペ...[記事全文]

2019.02.12
日本政府、ミンダナオ島の道路整備に222億円供与へ

フィリピンを訪問中の河野太郎外相は10日、同国のテオドロ・L・ロクシン外相と会談し、長年にわたり紛争の影響を受けてきたミンダナオ島西部において道路網を整備するための、総額2億204万ドル(約223億円)を限度とする有償資金協力に関する交...[記事全文]

2018.05.31
マレーシア政府、MRT3号線計画の中止を発表

マレーシアのマハティール首相は5月30日、クアラルンプール(KL)首都圏に整備予定だったMRT(大量高速交通システム)3号線の計画を中止すると発表した。5月9日に実施された総選挙で15年ぶりに首相に返り咲いたマハティール氏は現在、歳出抑...[記事全文]

2018.05.29
マレーシア~シンガポール間の高速鉄道計画が中止へ、政権交代で方針転換

5月9日に行われたマレーシアの連邦下院選挙で野党連合を率いて勝利し、首相に復帰したマハティール氏は28日、同国の首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道の整備計画を中止すると発表した。財政再建を重視するマハティール新政権は、ナジ...[記事全文]

2018.05.17
マレーシア消費税廃止へ マハティール首相、公約を実現

マレーシアの新政権は16日、ナジブ前政権時代の2015年4月に導入したGST(消費税・税率6%)を廃止することを発表した。消費税の廃止は、先の総選挙でマハティール氏が率いた野党連合「希望連盟(PH)」が公約として掲げており、迅速に実現に...[記事全文]

2018.05.10
マレーシア下院選、マハティール元首相率いる野党連合が歴史的勝利

マレーシア連邦議会下院の総選挙(定数222)は9日投票が行われ、現地時間10日未明に公式開票結果が判明。マハティール・モハマド元首相が率いる野党連合「希望連盟(PH)」が過半数(112議席)を上回る113議席を獲得し、歴史的勝利を収めた...[記事全文]

2017.11.27
フィリピンで外資規制緩和へ、小売りなど8分野で

フィリピン政府が、年内にも予定する外資規制分野を定めた外国投資ネガティブリスト(FINL)の改正で、規制緩和を目指す分野が明らかになった。 21日付で発布された大統領通達2017年第16号によると、◇海外向けを含む民間の人材紹介◇外国...[記事全文]

2017.11.16
中国政府、フィリピンのインフラ整備などに73億ドルを支援

フィリピンの財務省は14日、中国政府がインフラ整備の優先事業などに対する約73億4,000万ドル(約8,291億円)の借款と無償資金協力を確約したと明らかにした。内訳としては、政府のインフラ開発10事業に71億9,000万ドルを借款するほか...[記事全文]

2017.10.10
ジョホール州の成長戦略が発表、BRTの整備など4政策

マレーシアのナジブ首相は7日、ジョホール州の成長戦略として、高速バス輸送(BRT)の整備、労働人材の育成、開発と環境保全の両立、住宅支援の4つの政策推進を発表した。BRTには今後4年間で25億6,000万リンギ(約682億円)を投じ、州内の...[記事全文]

2017.10.06
フィリピン政府、19年までに外資規制の大部分を撤廃へ

フィリピンのドゥテルテ政権は、外資規制の大部分を2019年までに撤廃する意向を明らかにした。外国資本の市場参入を促し、外国直接投資(FDI)の倍増を狙う。国家経済開発庁(NEDA)は現在、規制緩和へ向けて、外資の出資比率上限を現行の40%か...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索