海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(カンボジア)

2021.09.08
カンボジア、早ければ11月にも外国人観光客の受け入れ再開へ

カンボジア観光省はこのほど、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了していることを条件に、早ければ11月にも外国人観光客の受け入れを再開できるとの見通しを示した。 観光省によると、規定回数のワクチン接種が完了した外国...[記事全文]

2021.08.31
カンボジア、来年1月から個人向けキャピタルゲイン税発効へ

カンボジア税務総局(GDT)はこのほど、個人に対する20%のキャピタルゲイン税を、2022年1月1日から発効する方針であることを発表した。キャピタルゲイン税を個人に課す法律は2020年4月に成立し、当初は同年7月に導入される予定...[記事全文]

2021.02.24
米ホテル大手ウィンダムがカンボジア初進出、シアヌークビル州に

米ホテル運営大手ウィンダム・ホテルズ&リゾーツはこのほど、カンボジア南部シアヌークビル州に高級ホテル「ハワード・ジョンソン・プラザ・バイ・ウィンダム・ブルーベイ・シアヌークビル」を開業した。ウィンダムにとって、カンボジアで初のホ...[記事全文]

2021.01.07
「ハイアット・リージェンシー・プノンペン」が開業、カンボジア初進出

米ホテル運営大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは6日、カンボジアの首都プノンペンに5つ星ホテル「ハイアット・リージェンシー・プノンペン」を開業した。「ハイアット・リージェンシー」ブランドのカンボジア進出は今回が初となる。...[記事全文]

2020.10.26
カンボジアがキャピタルゲイン税の導入を延期、22年1月に

カンボジア租税総局(GDT)はこのほど、キャピタルゲイン税(資産売却益税)の導入を2022年1月に延期することを発表した。国の歳入を増やすため、2021年1月からの導入を予定していたが、GDTは納税者がキャピタルゲイン税の納付に関す...[記事全文]

2020.08.31
カンボジア政府、21年1月からキャピタルゲイン税を導入へ

カンボジア租税総局(GDT)のコン・ビボル総局長はこのほど、国の歳入を増やすため、2021年1月からキャピタルゲイン税(資産売却益税)を導入することを明らかにした。 キャピタルゲイン税は、全ての不動産や株式、外貨など全...[記事全文]

2020.08.24
日本とカンボジアが出入国制限を9月上旬にも緩和へ、駐在員など対象

茂木敏充外相は22日、カンボジアの首都プノンペンでフン・セン首相やプラク・ソコン副首相兼外相と会談し、新型コロナウイルス対策として両国で実施している出入国制限を、9月上旬にも一部緩和する方針で一致した。 緩和対象となる...[記事全文]

2020.07.16
金融大手UBSの超富裕層顧客、株式から不動産などへの資金シフトを検討

スイスの金融大手UBSグループはこのほど、10億ドル(約1,070億円)以上の資産を持つ超富裕層顧客が、株式市場から他の市場への資金シフトを検討していることを明らかにした。 UBSの超富裕層顧客部門のトップ、ジョセフ・...[記事全文]

2020.05.21
カンボジアが入国禁止措置を解除、欧米5ヵ国とイランからも入国可能に

カンボジア政府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月中旬から導入していた一部の国を対象に導入していた外国人の入国禁止措置を解除したことを明らかにした。 これまでカンボジアでは、感染者数の多いアメリカ、ド...[記事全文]

2020.05.18
アジア太平洋地域、コロナ終息後もオフィスワークが主流に

米不動産仲介大手ジョンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、新型コロナウイルスの感染終息後も引き続き、アジア太平洋地域ではオフィスワークが主流になるとの見解を示した。 現在、ウイルスの流行を受けて、世界的に在宅で仕...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索