海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(カンボジア)

2019.06.24
ASEAN、2034年のサッカーW杯で共同開催を目指す

タイの首都バンコクで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、ASEAN10ヵ国は2034年に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)の共同開催を目指すことで合意した。 共同開催は、サッカーが国民的...[記事全文]

2019.01.16
カンボジアの大手財閥チップモンが複合開発、米マリオット系ホテルも入居

カンボジアの大手財閥チップモン・グループは14日、政府系機関も多く集まる首都プノンペンのロシア通り沿い7マカラ区で、45階建ての複合ビルの開発に着手した。投資額は1億5,000万ドル(約162億7,500万円)で、2022年の開業を目指...[記事全文]

2018.12.25
「ホテル・ニッコー・プノンペン」が2022年開業へ

ホテルオークラ傘下のホテル運営会社オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントは21日、カンボジアの首都プノンペンで建設中の「ホテル・ニッコー・プノンペン」を、2022年に開業すると発表した。ホテルの運営管理は、千葉県浦安市を拠点とするウラタ...[記事全文]

2018.10.26
アジア開発銀行、カンボジアの都市開発などに2.5億ドル融資へ

カンボジア財務経済省は24日、都市開発や教育開発など同国が重点を置くプロジェクトの実施に向け、アジア開発銀行(ADB)と2億5,000万ドル(約280億7,500万円)の融資契約を締結。大メコン圏(GMS)回廊の都市開発や、トンレサップ...[記事全文]

2018.10.05
イオンモールがカンボジア3号店出店へ、プノンペン南部に23年開業

イオンモールは4日、カンボジアの首都プノンペン南部のフン・セン通り沿いで進む衛星都市プロジェクト「INGシティ」内で、2023年に同国3号店をオープンすると発表した。プノンペン郊外の開発はこれまで北部が中心だったが、南部と中心部を結ぶフ...[記事全文]

2018.06.27
駐在員の生活費ランキング、シンガポールは世界4位

米コンサルティング大手マーサーが26日発表した「2018年世界生計費調査」によると、シンガポールは外国人駐在員の生活費の高さで世界4位だった。首位は香港で、以下、東京が2位、スイス・チューリッヒが3位、韓国・ソウルが5位と続くなど、上位...[記事全文]

2018.06.06
紀伊國屋書店、カンボジア1号店をプノンペンにオープン

紀伊國屋書店は5日、カンボジアの首都プノンペン北部「Pong Peay City」にある大型ショッピングモール「イオンモール・センソックシティ」内に、同国1号店を出店したことを明らかにした。店舗はイオンモールの1階に位置し、英文書籍や文...[記事全文]

2018.05.25
イオンモールのカンボジア2号店、プノンペン郊外に30日開業

イオンモールは今月30日、カンボジアの首都プノンペン北部で再開発が進む「Pong Peay City」内に、国内2号店となる「イオンモール・センソック・シティ」をオープンする。敷地面積は10万m2、延べ床面積は18万m2で、イオンモール...[記事全文]

2018.04.11
プノンペン中心部~国際空港間の鉄道が開通、渋滞緩和に期待

カンボジアの首都プノンペンの中心部とプノンペン国際空港を約25分で結ぶ鉄道路線が、今月10日に開通した。同路線は既存の線路を活用したもので、自動車やバイクが増加する中、年々厳しさを増す交通渋滞の緩和に繋げたい考え。当初は既存の2車両(定員約...[記事全文]

2018.03.05
プノンペン中心部~国際空港間の鉄道、4月10日に運行開始

カンボジア政府とロイヤル・レールウェイズは、カンボジアの首都プノンペンの中心部とプノンペン国際空港の間を結ぶ鉄道の運行を、4月10日に開始する方針を明らかにした。同路線は、中心部のモニボン通り沿いにある既存の鉄道駅とプノンペン国際空港間の約...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索