海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(マレーシア)

2021.04.07
20年のマレーシア住宅在庫はコロナ禍でも減少、供給減などで

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)はこのほど、2020年の不動産セクターに関するレポートを公表し、住宅在庫総数が前年比3.6%減の2万9,565戸となったことを明らかにした。 新型コロナウイルス...[記事全文]

2021.04.06
マレーシアがMRT3号線計画を本格再開へ、今年下半期の着工目指す

マレーシアのウィー・カーション運輸相はこのほど、2018年の政権交代に伴い中断されていたクアラルンプールの環状線、MRT(大量高速輸送)3号線の整備事業再開に向け、建設主体となるMRTコープに3ヵ月間の事業化調査期間を与えたことを発...[記事全文]

2021.03.17
マレーシアが24~28年に高所得国入りへ 世界銀行予測

世界銀行は16日、マレーシアの2024~28年にも高所得国入りを果たす可能性が高いとの見通しを示した。マレーシアは元々、2020年の高所得入りを目標に掲げ、順調に歩みを進めていたものの、ナジブ政権下での債務隠しが発覚し、2018年に...[記事全文]

2021.03.03
マレーシアが首都圏の活動制限令を緩和、条件付き制限に移行

マレーシアのイスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)兼国防相は、新型コロナウイルス対策として首都クアラルンプールやセランゴール州、ペナン州、ジョホール州で実施している厳格な活動制限令を5日から緩和し、条件付き活動制限令に移行す...[記事全文]

2021.02.24
21年のマレーシアGDP成長率を5.6~6.7%と予測、世界銀行

世界銀行はこのほど、2021年におけるマレーシアのGDP成長率が5.6%~6.7%になるとの予測を示した。 世界銀行のマレーシア担当主席エコノミストであるリチャード・レコード氏は、年内に多くの国でワクチン接種が完了する...[記事全文]

2021.02.12
20年のマレーシアGDP成長率は5.6%減、22年ぶりの落ち込み幅

マレーシア中央銀行が11日に発表した2020年の実質GDP成長率(速報値)は、前年比5.6%減となった。昨年3月中旬以降、新型コロナウイルスの流行によって活動制限令が発布され、国民の外出や企業活動が大きく制限されたことで、サービ...[記事全文]

2021.02.02
マレーシアの住宅市場、コロナ禍で郊外に人気が移行

マレーシアの不動産ポータルサイト「iProperty」はこのほど、新型コロナウイルスの流行で在宅勤務が普及する中、郊外のより広い住宅を探している人が増加しているとの見解を示した。 同社によると、2020年の物件需要はセ...[記事全文]

2021.01.04
KL~シンガポール間の高速鉄道計画を撤回、コロナがダメ押し

マレーシアとシンガポールの両政府は1日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画を撤回すると発表した。 HSRは両都市間約350kmを1時間半で結ぶ構想で、2013年に両国が基...[記事全文]

2020.12.17
マレーシアが入国者の隔離期間を7日に短縮へ、事前検査が条件

マレーシア政府は15日、海外からの入国者に対する強制隔離期間について、到着前3日以内に新型コロナウイルスの鼻腔スワブ検査(鼻咽頭ぬぐい液)を受けて陰性であったことを条件に、従来の10日間から7日間に短縮することを発表した。 ...[記事全文]

2020.12.10
英ホテル大手インターコンチ、今後5年でマレーシアのホテル数を3倍超に

英ホテル運営大手インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は、今後5年間でマレーシアのホテル数を3倍超に拡大する計画を発表した。現時点では、具体的な投資額は明らかにしていない。 同社は現在、マレーシアで3ブラ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索