海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(マレーシア)

2020.11.24
ジョホール~シンガポール間の鉄道事業が着工、26年末の運行開始目指す

マレーシア財務省傘下のMRTコープは22日、同国最南端のジョホール州と隣国シンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)事業の着工式を開催した。 着工式はマレーシア側の駅となるブキチャガーで行われ、イブラヒム・イスカ...[記事全文]

2020.11.18
英インターコンチ系「ホテルインディゴ」、KLに23年開業へ

英ホテル運営大手のインターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は16日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)中心部に、高級ブティックホテル「ホテル・インディゴ・クアラルンプール・オン・ザ・パーク」を開業すると発表した...[記事全文]

2020.11.17
20年Q3のマレーシアGDPは2.7%減、制限緩和で急回復

マレーシア中央銀行によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率は前年同期比2.7%減となった。2四半期連続のマイナス成長となったものの、6月初旬に活動制限令が緩和され、止まっていた経済活動が再開し始めたことで、第2四...[記事全文]

2020.11.06
クアラルンプール市、空室物件の固定資産税を一部還付へ

マレーシアのクアラルンプール市役所(DBKL)は4日、新型コロナウイルスの流行によって賃貸テナントが決まらないケースが増加する中、1976年地方自治体法に基づき、空室物件の所有者に対して固定資産税(Assessment Tax)の一...[記事全文]

2020.10.14
KL首都圏に条件付き活動制限令、14日から2週間

マレーシアのイスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は13日、首都クアラルンプール、セランゴール州、行政都市プトラジャヤで本日14日から27日まで導入される、新型コロナウイルス感染抑制のための条件付き活動制限令についての標準作...[記事全文]

2020.09.25
20年上半期のマレーシア不動産取引件数、活動制限令の影響で27.9%減

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2020年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比27.9%減の11万5,476件、取引総額は同31.5%減の469億4,000万リンギ(約1兆1,800億円...[記事全文]

2020.09.11
マレーシア政府、高級住宅に対する「空室税」の来年導入は見送り

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方政府相は10日、買い手が付かずに完成後も不動産開発会社が所有している高級物件に対し、「空室税(Vacancy Tax)」を課税する計画について、当初予定していた来年中の導入は行わない考えで...[記事全文]

2020.09.09
馬不動産開発IWH、中国製鉄大手MCCとジョホール州で共同開発へ

マレーシアの不動産開発会社イスカンダル・ウォーターフロント・ホールディングス(IWH)はこのほど、中国の製鉄大手中国冶金科工集団(MCC)と提携し、ジョホール州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域)のスクダイで、60ヘ...[記事全文]

2020.09.04
20年上半期のイスカンダル投資認可額は160億リンギ、コロナ禍でも順調

マレーシアのイスカンダル開発公社(IRDA)によると、2020年上半期(1~6月)におけるジョホール州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域)への投資認可額は、160億リンギ(約4,090億円)だった。新型コロナウイルス...[記事全文]

2020.08.31
マレーシアが軽度の活動制限令を延長、12月31日まで

マレーシアのムヒディン首相は28日、新型コロナウイルス対策として実施している軽度の活動制限令を、12月31日まで延長すると発表した。 マレーシアでは、新型コロナウイルス対策として3月18日に厳格な活動制限令を導入。その...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索