海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(マレーシア)

2018.09.04
マレーシアの医療観光市場、20年までに倍増の見通し

マレーシア保健省傘下のマレーシア医療観光評議会(MHTC)は、同国の医療観光市場が2017年の13億リンギから、2020年には28億リンギへと拡大するとの予測を示した。マレーシアの医療費は米国より平均60~80%抑えられ、タイ(50~75%...[記事全文]

2018.09.03
KL~シンガポール間の高速鉄道計画、20年5月まで着工延期で合意

マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画について、両国政府は2020年5月末日まで着工を延期することで合意した。その他、開通時期については5年先延ばしし、2031年1月までとしたほか、今回の着工延期に伴う費...[記事全文]

2018.08.20
マレーシア2Q/GDP、個人消費は堅調も前年比4.5%増に減速

マレーシア中央銀行が17日発表した第2四半期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比4.5%増で、前期・第1四半期の同5.4%増から減速。市場予想も大幅に下回る結果となった。また、成長率は3四半期連続で低下。5%を下回ったのは2016年第4四...[記事全文]

2018.08.10
イスカンダル・マレーシア、人口増で25年までに住宅70万戸が必要

マレーシア・ジョホール州のイスカンダル地域開発庁(IRDA)は、同州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域=IDR)で進む大型再開発プロジェクト「イスカンダル計画」の完了を予定している2025年までに、60万~70万戸の住宅が必...[記事全文]

2018.08.08
ジョホール~シンガポール間の高速輸送システム、敷設事業継続へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、ナジブ前政権時に計画されたマレーシア南部のジョホールバルとシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)の敷設事業について、マハティール新政権下でも事業を継続する方針であることを明らかにした。今年5月に...[記事全文]

2018.07.31
17年のマレーシア州別GDP成長率、クアラルンプールは7.4%増

マレーシア統計局はこのほど、2017年の州・地域別GDP成長率を発表。クアラルンプール・プトラジャヤの成長率は7.4%増となり、全国平均の5.9%を大きく上回った。最大の伸び率となったのはサバ州の8.2%増で、そのほか主要な州・地域では、マ...[記事全文]

2018.07.27
マレーシア不動産市場、来年には投資マインド回復へ

英系不動産仲介大手ナイト・フランクは、マレーシアの不動産市場について、政権交代で政策の不透明感が和らいでいることから、来年の第1四半期(1~3月)頃には投資マインドが回復するとの見通しを示した。 住宅市場については、経済成長の勢いがや...[記事全文]

2018.07.06
2017年のマレーシア人国内旅行支出は11.1%増、世帯所得の増加が追い風

マレーシア統計局が発表した2017年の「国内旅行調査」によると、マレーシア人国内旅行者の総支出額は、前年比11.1%増の831億300万リンギ(約2兆2,687億円)だった。同年に1回以上の国内旅行をした人は前年比8.5%増の2億540万人...[記事全文]

2018.06.27
駐在員の生活費ランキング、シンガポールは世界4位

米コンサルティング大手マーサーが26日発表した「2018年世界生計費調査」によると、シンガポールは外国人駐在員の生活費の高さで世界4位だった。首位は香港で、以下、東京が2位、スイス・チューリッヒが3位、韓国・ソウルが5位と続くなど、上位10...[記事全文]

2018.05.31
マレーシア政府、MRT3号線計画の中止を発表

マレーシアのマハティール首相は5月30日、クアラルンプール(KL)首都圏に整備予定だったMRT(大量高速交通システム)3号線の計画を中止すると発表した。5月9日に実施された総選挙で15年ぶりに首相に返り咲いたマハティール氏は現在、歳出抑制に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索