海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(マレーシア)

2019.03.18
ジョホールの新マリーナ開発が着工、会員権の販売も開始

シンガポール証券取引所に上場する総合マリーナ開発大手「SUTL Enterprice」は、マレーシアの大手不動産開発会社「UEM Sunrise」との合弁会社「ONE ° 15 Marina Development」のもと、マレーシア南...[記事全文]

2019.03.15
KLの駐在員向け住宅賃料、18年は7%増の月平均1621ドル

英人材調査会社ECAインターナショナルの調査によると、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の駐在員向け住宅賃料は、前年約7.4%増の月額平均1,621ドル(約18万1,200円)だった。KLの賃料はアジアで10番目に賃料の高い都市だ...[記事全文]

2019.03.13
マレーシア経済は2020年にかけて堅調さを維持、IMF予測

国際通貨基金(IMF)は11日、2020年までのマレーシア経済の見通しを公表し、19年と20年のGDP成長率をそれぞれ4.7%、4.8%と予測した。堅調な個人消費に支えられた内需の拡大や、事業環境の改善などによる投資の増加などが、安定的...[記事全文]

2019.02.25
イスカンダル計画の開発対象地域を2倍に拡大、農業の近代化を推進

マレーシアのイスカンダル開発公社(IRDA)は、ジョホール州南部で手掛ける大規模都市開発「イスカンダル計画」の対象地域を拡大することを発表した。同州のコタティンギとクルアン、ポティアンも対象とすることで、開発面積は従来比で2,532km...[記事全文]

2019.02.15
18年10~12月期のマレーシアGDP成長率は4.7%、輸出持ち直しで伸び加速

マレーシア中央銀行によると、2018年第4四半期(10~12月)の実質GDP成長率は前年同期比4.7%増だった。伸び率は直近の2四半期に減速傾向となっていただが、輸出の改善などを受けて前期(4.4%増)から伸びが加速した。 需要面...[記事全文]

2019.02.13
18年末のマレーシア総人口、1.1%増の3256万人

マレーシア統計局によると、2018年10~12月期(第4四半期)時点の総人口は、前年同期比1.1%増の3,256万6,900人だった。また、出生率(人口1,000人当たりの出生数)は3.9人だった。 州別の人口をみると、セランゴー...[記事全文]

2019.01.29
配車サービス大手グラブ、ペタリンジャヤに域内ハブを開設

東南アジアの配車サービス最大手グラブはこのほど、マレーシア・セランゴール州ペタリンジャヤに新オフィスを開設した。研究開発(R&D)センターも併設されるなど、同拠点は東南アジア全域でのシステム開発、法務、財務、調達、顧客対応などを一手に担...[記事全文]

2019.01.25
マレーシア中銀、政策金利を3.25%で据え置き

マレーシア中央銀行24日に開催した金融政策委員会(MPC)で、翌日物政策金利(OPR)を3.25%に据え置くことを決めた。マレーシア経済は足元で拡大傾向にあり、個人消費や民間企業の投資など、民間を中心とする国内需要の堅調さが続くとみてい...[記事全文]

2019.01.24
カタール投資庁、クアラルンプールで開発中の新モールに出資へ

カタール政府系ファンドのカタール投資庁(QIA)が、マレーシア・クアラルンプールのブキジャリルで開発が進むショッピングモール「パビリオン・ブキジャリル」に、出資をする方向で手続きを進めていることがわかった。今後、デューデリジェンス(資産...[記事全文]

2019.01.24
ネスレ・スキンヘルス、クアラルンプールに拠点開設

スイスに本部を置くネスレ・スキンヘルスは22日、マレーシアのクアラルンプールに拠点を開設したことを発表した。個人消費がマレーシア経済の成長をけん引する中、特にスキンケア用品は著しい伸びを見せており、拠点開設によって販路を拡大していきたい...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索