海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(その他)

2019.09.20 NEW
比大手財閥サンミゲル、EDSA通りに高速道路の敷設を計画

フィリピンの大手財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、マニラ首都圏の幹線道路EDSA通りに高速道路を新たに敷設する計画を明らかにした。今月24日までに運輸省に計画書が提出される見通し。 同社によると、高速...[記事全文]

2019.09.19
比大手財閥サンミゲル、新マニラ国際空港の建設で正式契約

フィリピンの大手財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、マニラ首都圏北部ブラカン州での「新マニラ国際空港(NMIA)」の整備計画に関して、運輸省と建設に関する正式契約を締結した。 既存のニノイ・アキノ国際空...[記事全文]

2019.09.17
ミンダナオ鉄道、2020年に着工へ

フィリピン運輸省とミンダナオ開発庁(MINDA)は、ミンダナオ鉄道の第1期事業について、2020年1~3月に着工する予定であることを明らかにした。完工は2021年中を見込んでいるという。 第1期の事業費は829億ペソ(...[記事全文]

2019.08.19
越不動産大手FLCグループ、クアンニン省で大学建設に着手へ

ベトナムの不動産開発大手FLCグループは25日、クアンニン省ハロン市での開校を計画している同省初の総合大学「FLC大学」の建設を着工する。総投資額は約4兆ドン(184億円)で、2020年末からの学生受け入れを予定している。 ...[記事全文]

2019.08.15
ホノルル鉄道、2020年10月に一部区間を開通へ

ホノルル高速輸送公社(HART)は、ハワイ初の鉄道となる「ホノルル・レール・トランジット」の一部区間を、2020年10月に開通する見通しであると発表した。 開通されるのは東カポレイからパールリッジまでの区間。さらに20...[記事全文]

2019.08.05
マレーシアで9月1日から出国税導入、最大150リンギ

マレーシア財務省は先月31日、マレーシアから海外に空路で向かう出国者を対象とする「出国税」を、9月1日から導入すると発表した。渡航先と座席のクラスによって課税額が異なり、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内へ出国する場合は、エコノミ...[記事全文]

2019.08.02
スイスのローザンヌホテル学校、初の海外校をシンガポールに開校へ

スイスの名門ホテル学校エコール・オテリエール・ド・ローザンヌ(EHL)は、2021年秋に初の海外校となるシンガポール校を開校する。シンガポール校では、本校と同じカリキュラムを採用し、学士課程を提供する。 世界的に優秀な...[記事全文]

2019.08.01
サンミゲル提案の「新マニラ国際空港」建設を認可、年内着工へ

フィリピン運輸省は7月31日、マニラ首都圏北部のブラカン州に「新マニラ国際空港(NMIA)」を建設する計画について、大手財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)を事業主体として認可したことを発表した。総事業費は7,356億ペソ(約...[記事全文]

2019.08.01
ワイキキ中心部に「センテニアル公園」を造園へ

オアフ島ワイキキ中心部のアロハドライブ沿いにある約1エーカーの敷地に、新たに「センテニアル公園(Centennial Park)」を造園することが決定し、7月29日に鍬入れ式が開催された。公園の造園は、ホノルル市当局とホノルルロータ...[記事全文]

2019.07.31
マカティ地下鉄事業で中国系PIHIと合弁契約、年内着工を目指す

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)は30日、マニラ首都圏マカティ市で計画している同国初の地下鉄整備事業でマカティ市と合弁事業契約を交わした。投資額は35億ドル(約3,800...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索