海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.11.24
ジョホール~シンガポール間の鉄道事業が着工、26年末の運行開始目指す

マレーシア財務省傘下のMRTコープは22日、同国最南端のジョホール州と隣国シンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)事業の着工式を開催した。

着工式はマレーシア側の駅となるブキチャガーで行われ、イブラヒム・イスカンダル州王(スルタン)やウィー・カ・シオン運輸相、ハスニ・モハマド州首相などがオンライン形式で参加した。

RTSは、ジョホール南部のブキチャガーにある税関・移民・検疫所(CIQ)とシンガポール北部ウッドランズ間の約4kmを6分程度で結ぶ路線。旅客輸送能力は1時間当たり1万人(片道)で、両国の連絡橋である「コーズウェイ」や「セカンドリンク」で慢性化している交通渋滞の緩和効果が期待されている。

建設主体となるMRTコープの完全子会社マレーシア・ラピッド・トランジット・システム(MRTS)のMohd Zarif Hashim氏によると、土木インフラの整備に4年、鉄道システムの設置に2年かかる見通しで、2026年末の運行開始を目指すとしている。

ジョホール~シンガポール間RTSのルート図
ジョホール~シンガポール間RTSのルート図
(出所:MRTS

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.07
20年のマレーシア住宅在庫はコロナ禍でも減少、供給減などで

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)はこのほど、2020年の不動産セクターに関するレポートを公表し、住宅在庫総数が前年比3.6%減の2万9,565戸となったことを明らかにした。 新型コロナウイルスの流行によって、2020年の不動産取引件...[記事全文]

2021.04.06
マレーシアがMRT3号線計画を本格再開へ、今年下半期の着工目指す

マレーシアのウィー・カーション運輸相はこのほど、2018年の政権交代に伴い中断されていたクアラルンプールの環状線、MRT(大量高速輸送)3号線の整備事業再開に向け、建設主体となるMRTコープに3ヵ月間の事業化調査期間を与えたことを発表。今年下半期(7~12月)にも着工した...[記事全文]

2021.03.17
マレーシアが24~28年に高所得国入りへ 世界銀行予測

世界銀行は16日、マレーシアの2024~28年にも高所得国入りを果たす可能性が高いとの見通しを示した。マレーシアは元々、2020年の高所得入りを目標に掲げ、順調に歩みを進めていたものの、ナジブ政権下での債務隠しが発覚し、2018年に就任したマハティール首相(当時)が財政の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年11月24日