海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.04
日本人のロングステイ希望先、マレーシアが14年連続で首位

一般社団法人ロングステイ財団は2日、「ロングステイ希望国・地域2019」を公表し、日本人が長期滞在(ロングステイ)したい国としてマレーシアが14年連続で1位に選出された。

マレーシアが人気を集める要因としては、長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」を提供していることや、温暖な気候、良好な治安、高い医療水準などが挙げられるが、ロングステイ財団は長年に渡ってロングステイ先としてトップを維持していることで、イメージが定着している面もあるとしている。

なお、2位以下にはタイ、ハワイ、フィリピン、台湾、オーストラリア、インドネシア、ベトナム、シンガポール、カナダが続いた。ベトナムがトップ10入りするのは今回が初となる。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.07
20年のマレーシア住宅在庫はコロナ禍でも減少、供給減などで

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)はこのほど、2020年の不動産セクターに関するレポートを公表し、住宅在庫総数が前年比3.6%減の2万9,565戸となったことを明らかにした。 新型コロナウイルスの流行によって、2020年の不動産取引件...[記事全文]

2021.04.06
マレーシアがMRT3号線計画を本格再開へ、今年下半期の着工目指す

マレーシアのウィー・カーション運輸相はこのほど、2018年の政権交代に伴い中断されていたクアラルンプールの環状線、MRT(大量高速輸送)3号線の整備事業再開に向け、建設主体となるMRTコープに3ヵ月間の事業化調査期間を与えたことを発表。今年下半期(7~12月)にも着工した...[記事全文]

2021.03.17
マレーシアが24~28年に高所得国入りへ 世界銀行予測

世界銀行は16日、マレーシアの2024~28年にも高所得国入りを果たす可能性が高いとの見通しを示した。マレーシアは元々、2020年の高所得入りを目標に掲げ、順調に歩みを進めていたものの、ナジブ政権下での債務隠しが発覚し、2018年に就任したマハティール首相(当時)が財政の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月04日