海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.04
KL~シンガポール間の高速鉄道計画を撤回、コロナがダメ押し

マレーシアとシンガポールの両政府は1日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画を撤回すると発表した。

HSRは両都市間約350kmを1時間半で結ぶ構想で、2013年に両国が基本合意し、2026年末までの完成を見込んでいた。しかし、2018年にマレーシアで政権交代が行った際に、旧ナジブ・ラザク政権時代の債務隠しが発覚。マレーシアの財政問題を理由に、HSR計画の履行が延期される状況となっていた。

両国は2020年12月31日を期限とし、コスト削減のための計画見直しなどで交渉を進めていたが、合意点を見い出すことができなかった。また、新型コロナウイルスの流行によって双方とも経済的な打撃を受けていることも、計画の撤回を後押しする形となった。

なお、具体的な金額は明らかになっていないものの、2国間協定に基づき、マレーシアはシンガポールに対し、シンガポール側がこれまで負担したHSR計画の関連費用を補償する必要が生じる見通し。

海外不動産についての最新情報

海外不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月04日