海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.29
20年通年のベトナムGDP成長率は2.91%増、コロナ禍でもプラス維持

ベトナム統計総局(GSO)によると、2020年第4四半期(10~12月)のGDP成長率(推定値)は前年同期比4.48%増となり、前期(7~9月)の2.69%増から伸びが加速した。これにより、2020年通年のGDP成長率は前年比2.91%増となった。

新型コロナウイルスの影響で世界的に大幅なマイナス成長となる国がほとんどな中、ベトナムは政府による迅速なウイルス封じ込め策が奏功し、経済の立ち直りが早かったことが危機下でのプラス成長の維持に繋がった。

2020年の成長をけん引したのは工業・建設業であり、前年比で3.98%増加。特に、アメリカ向けを中心とする輸出が好調だった中、製造業が同5.82%増と堅調だった。

また、GDPの構成比率で最も割合が大きいサービス業(41%)も、前年比で2.34%増加。中でも、情報・通信が同7.42%増、金融・保険が同6.87%増と好調だった。その他、農林水産業も同2.68%増とプラス成長を維持した。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.16
越バンブー航空、21年3QにNY証券取引所への上場目指す

ベトナムの不動産開発大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、2021年第3四半期(7~9月)に米ニューヨーク証券取引所(NYSE)で新規株式公開(IPO)を行い、2億ドル(約220億円)の調達を目指す方針を明らかにした。 FLCグルー...[記事全文]

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.04.09
ハノイ市都市鉄道2A号線、今月30日に開業へ

ベトナム運輸省はこのほど、ハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線を、今月30日に開業する予定であることを明らかにした。 当初は2015年の開通を目指していたが、土地収用に時間がかかったほか、工事を請け負う中国業者側の問題もあり遅延。また、旧正月に帰国した中国...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月29日