海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.05
20年のシンガポールGDP成長率は5.8%減、19年ぶりマイナス成長

シンガポール貿易産業省によると、2020年第4四半期(10~12月)のGDP成長率は前年同期比3.8%減となり、4四半期連続でのマイナス成長を記録した。これにより、2020年通年のGDP成長率は前年比5.8%減と、2001年以来19年ぶりのマイナス成長となった。

新型コロナウイルスの流行によってサーキットブレーカー措置が導入され、様々な経済活動が停滞したことが響いた。ただ、同省が11月に発表した予想値6.0%減~6.5%減は上回った。

業種別では、建設業が前年比33.7%減と大幅なマイナスを記録。経済・社会活動の制限で建設工事が中断したことなどが重しとなった。また、宿泊・飲食・不動産サービスなどが12.6%減と大きく落ち込んだことから、サービス業は7.8%減少。その他、卸売り・小売り・運輸・倉庫も11.2%減となった。一方、電子部品や精密エンジニアリング、バイオ医療などが好調で、製造業は7.1%増加した。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.04.30
ベトナムの21年GDP成長率予想を6.7%増に上方修正、アジア開発銀行

アジア開発銀行(ADB)は28日、2021年通年のベトナムのGDP成長率見通しを、6.7%増に上方修正(従来予想は6.3%増)した。公共投資の拡大に加え、海外直接投資(FDI)や輸出の増加が力強い成長に寄与すると見ている。 詳細を見ると、ADBは2021...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月05日