海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.11
タイの特別観光ビザ、日本を含む全外国人が申請可能に

タイ政府は8日、最長270日間の滞在が可能な特別観光ビザ(STV)の申請における国・地域の制限を撤廃し、全ての国・地域の外国人に申請を認めることを承認した。

従来は、新型コロナウイルスの感染リスクが低い国・地域からのみが申請可能だったため、「中度感染危険国」に指定されている日本は対象外だった。今後は日本人でもSTVを取得し、タイに長期の旅行を行うことができるようになる見込み。

ただ、STV取得者であっても、入国後は政府が隔離施設として指定しているホテルなどで14日間の隔離を行う必要がある。

制限撤廃の背景には、10月20日からSTV取得者の受け入れを開始し、同日に中国から39人が入国したものの、これまでの累計では29ヵ国・地域の825人と、政府の想定を下回る水準にとどまっていることがあるという。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.21
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

2021.04.12
タイ住宅大手AP、21年1Qの予約販売額は32%増

タイの住宅開発大手APはこのほど、2021年第1四半期(1~3月)の予約販売額が前年同期比32%増の79億6,600万バーツ(約278億円)となったことを発表した。 需要をけん引したのは、前年同様に一戸建て住宅やタウンハウス(連棟式住宅)などの低層住宅で...[記事全文]

2021.04.08
ソニーが10月にタイでテーマパーク開業へ、米コロンビア映画を題材

ソニー・グループの映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は7日、タイ・バンコク東郊のチョンブリ県バンサレーに、傘下の米映画会社コロンビア・ピクチャーズの作品を題材とした世界初のテーマパーク「コロンビア・ピクチャーズ・アクアバース」を、今年10月に開...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月11日