海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.14
バンコクのゴールドラインが16日開業へ、初の全自動無人運転

タイの首都バンコク西部で建設中の新交通システム「ゴールドライン」の第1期区間が、12月16日に開業する。同路線には、ゴムタイヤ式の無人車両が専用軌道を走行する「自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)」が、タイで初めて採用されている。

ゴールドラインは、西部クルントンブリ通りとプラチャーティポック通りを結ぶ全長2.38kmの路線。そのうち、今回開業する第1期区間は、バンコク・スカイトレイン(BTS)の駅と接続する「クルントンブリ駅」、人気商業施設アイコンサイアム前の「ジャルンナコン駅」、クロンサン区役所前の「クロンサン駅」の3駅を結ぶ全長1.7kmの区間となる。

乗車料金は一律15バーツ(約52円)で、1日当たり4万2,000人の利用を見込んでいる。また、車両はカナダ・ボンバルディアの全自動無人運転車両「イノービアAPM300」で、最高時速は80kmとなっている。

なお、アヌチャー政府報道官によると、クロンサン駅とプラチャーティポック通りを結ぶ第2期区間は、2023年の開業を予定しているという

バンコク新交通システム「ゴールドライン」の車両
バンコク新交通システム「ゴールドライン」
(出所:クルンテープ・タナコム

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.21 NEW
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

2021.04.13
マニラ首都圏のケーブルカー建設計画が承認、仏政府が資金提供

フィリピン運輸省(DOTr)はこのほど、国家経済開発庁(NEDA)に対して、マニラ首都圏のケーブルカー・トランジットシステムの建設プロジェクトを承認したことを明らかにした。 開発はフランス政府からの資金提供によって行われる予定で、すでにフランスのコンサル...[記事全文]

2021.04.12
タイ住宅大手AP、21年1Qの予約販売額は32%増

タイの住宅開発大手APはこのほど、2021年第1四半期(1~3月)の予約販売額が前年同期比32%増の79億6,600万バーツ(約278億円)となったことを発表した。 需要をけん引したのは、前年同様に一戸建て住宅やタウンハウス(連棟式住宅)などの低層住宅で...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月14日