海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.02.13
ハワイ州議会が外国人の不動産購入禁止法案を検討も、違憲の声

ハワイ州議会では現在、ブレントン・アワ州上院議員が提出した、外国人による州内のあらゆる不動産の購入を禁止する法案に関しての検討が行われている。

今月6日には同案に関する公聴会が開催され、市民2,000人以上が証言を提出。登壇した市民は、「子供たちがこの土地に住めなくなり、本土に移住しなければならなくなるような状況にはしたくない」と上院議員らに訴えた。

一方、ブライアン・イー州司法副長官は同法案に対し、「憲法が定める連邦政府の外交関係の独占的支配を侵すもの。また、出身国に基づいて住宅の提供を差別する連邦公正住宅法にも違反する可能性がある」とコメント。違法な法案には賛成できないとの立場を示している。

アメリカでは、約24の州で外国人による不動産購入を制限する様々な法律を制定されているが、農地や軍事基地、重要インフラの近接地など、国家安全保障上必要なものに限定されている。全ての不動産の購入を禁止する法案を可決するには連邦政府議会の協力が必要不可欠であり、実現のハードルはかなり高いと見られている。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.30 NEW
ハノイ市、集合住宅開発における人口基準を設定

ベトナムの首都ハノイ市人民委員会は27日、集合住宅(アパートメント)や商業施設を併設する複合集合住宅などを開発する際の基準となる人口目標を設定した。 詳細計画や敷地計画、建設計画の段階では、集合住宅や複合集合住宅の人口は1戸当たり3.6人を基準とする。間...[記事全文]

2024.05.28 NEW
セブ市、クリエイティブ産業特区を開発へ

フィリピン中部のセブ市政府はこのほど、クリエイティブ産業特区「セブ・クリエイティブ・ディストリクト」の開発を目指す方針を明らかにした。 市内にある40~60ヘクタールの敷地に、映画製作、エンターテインメント、文化芸術、デザイン、建築などのクリエイティブ産業を...[記事全文]

2024.05.27 NEW
比ケソン市の高級IR施設「ソレア」が開業、観光促進へ

フィリピンの大富豪エンリケ・ラソン氏が率いるカジノ運営企業ブルームベリー・リゾーツは25日、マニラ首都圏ケソン市に高級IR(統合型リゾート)施設「ソレア・リゾート・ノース」を開業した。 ブルームベリーにとっては、マニラ湾岸エリアの「ソレア・リゾート・エンター...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年02月13日