海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.02.08
23年のシンガポール月額世帯所得、7.6%増の1万869Sドル

シンガポール統計局によると、2023年における月額世帯所得(中央値)は、名目で前年比7.6%増の1万869Sドル(約120万円)となった。また、物価変動を加味した実質ベースでも2.8%増加した。

同統計は、国民あるいは永住権(PR)を保有する就業者が1人以上いる世帯を対象に調査したもの。

詳細を見ると、全10段階に分けられた所得階層別の実質増減率は、下位1割に当たる最低所得層が1.7%減、最上位と2番目の所得層がそれぞれ0.2%減、1.9%減となったものの、この他の所得層ではいずれもプラスだった。

この結果、所得格差を示すジニ係数(0~1で表され、0に近いほど格差が小さい)は0.433となり、前年の0.437から低下。政府からの助成金や税金を加味すると、0.371まで下がっている。

なお、2018~2023年の累積でも、名目で年率3.1%増、実質で同0.6%増と共にプラス成長だった。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.02.20
シンガポール、居住用不動産の固定資産税負担を一部軽減へ

シンガポールのローレンス・ウォン副首相兼財務相このほど、居住用不動産の年次評価額(貸し出しを行った場合の年間想定賃料を基に算出)が想定を上回る上昇となったことを受け、2025年1月から固定資産税の負担軽減措置を導入することを発表した。 シンガポールでは、固定...[記事全文]

2024.02.16
23年の在外フィリピン人送金額、3年連続で過去最高

フィリピン中央銀行によると、2023年通年の海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの本国送金額(銀行経由のみ)が、前年比2.9%増の334億9,100万ドル(約5兆240億円)となり、3年連続で過去最高を更新した。 世界的に経済活動の正常化が進...[記事全文]

2024.02.15
多世代の富の構築に最適な国、シンガポールが世界3位に

英投資移住コンサルティング会社ヘンリー&パートナーズがこのほど初めて公表した、多世代にわたって富を築くうえで優位性のある国をランク付けする「ザ・ヘンリー・オポチュニティ・インデックス」で、シンガポールが世界3位にランクインした。 同調査は世界27ヵ国・地域を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年02月08日