海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.07.10
シンガポールの公営住宅転売価格、100万Sドル以上が過去最多

シンガポールの不動産情報サービス会社であるシンガポール・リアル・エステート(SRX)と99.coによると、2024年6月におけるシンガポールの公営住宅(HDBフラット)の転売価格(速報値)は、前月比で平均1.8%上昇した。上昇は9ヵ月連続。

一方、取引件数は2,184件と、前月比で13.1%減少。6月に住宅開発庁(HDB)が、受注生産方式「Build-To-Order(BTO)」によるHDBフラットを発売したため、一部の需要が転売市場からそちらに流れたと見られる。

詳細を見ると、100万Sドル(約1億1,350万円)以上で取引されたHDBフラットが前月比30%増の96戸となり、単月で過去最多を更新。最高取引額は、中央部ティオンバルにあるブーンティオン・ロードの5ルーム(4ベッドルーム)の物件の160万Sドルだった。

100万Sドル以上の取引が拡大している背景には、中心部やMRT(都市高速鉄道)駅周辺など、より魅力のある立地のHDBフラットに対する需要が高まっていることがある。こうしたプライム立地の物件の場合、BTO物件だと最低居住期間(MOP)が10年と長いため、転売市場が好まれやすい傾向がある。

また、民間のファミリー向けコンドミニアム(3ベッドルーム以上)において、100万~165万Sドルの価格帯の物件供給が減少していることも、HDBフラット価格の押し上げに繋がっていると見られる。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.07.24 NEW
フィリピン、ネット賭博業者の営業を全面禁止へ

フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領はこのほど、オンラインカジノ事業者(POGO)の営業を、年末までに全面的に禁止にする方針を明らかにした。 ドゥテルテ前政権時代の2016年頃にフィリピンに誕生し、中国人ギャンブラーをターゲットに急速な盛り...[記事全文]

2024.07.22 NEW
三井不動産がKLでサービス付き賃貸住宅事業、海外初

三井不動産はこのほど、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)で開発していた直営型サービス付き賃貸住宅「三井サービススイート・ブキビンタン・シティセンター」を9月下旬に開業すると発表した。同社にとって、海外における直営型サービス付き賃貸住宅の第1号物件となる。 ...[記事全文]

2024.07.18
24年上期のベトナム不動産取引件数は3倍増、コンド取引が活発

ベトナム不動産仲介協会(VARS)によると、2024年上半期(1~6月)における不動産取引件数は、前年同期比3倍の約2万600件だった。 詳細を見ると、全体の約7割に当たる約1万4,400件をコンドミニアム(アパートメント)が占めた。また、このうちの4割...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年07月10日