海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.02.15
多世代の富の構築に最適な国、シンガポールが世界3位に

英投資移住コンサルティング会社ヘンリー&パートナーズがこのほど初めて公表した、多世代にわたって富を築くうえで優位性のある国をランク付けする「ザ・ヘンリー・オポチュニティ・インデックス」で、シンガポールが世界3位にランクインした。

同調査は世界27ヵ国・地域を対象に、「潜在的な収入」「キャリアアップ」「トップ人材の雇用見通し」「上質な教育」「経済的流動性」「住みやすさ」の6項目について評価し、指数化(100点満点)したもの。シンガポールは、総合スコアで79を獲得。「潜在的な収入」で100と評価されたほか、「トップ人材の雇用見通し」(97)、「経済的流動性」(92)も高評価を受けた。

ヘンリー・アンド・パートナーズはシンガポールの評価について、「その堅調な自由市場経済と世界各国への優れた接続性は、(投資先や移住先として)世界で最も望ましい場所のひとつ」だと説明している。

なお、世界1位はスイス(総合スコア85)で、2位にはアメリカ(同82)が続いた。また、アジアではこのほか、香港が8位、マレーシアが16位、インドネシアが22位、ベトナムが23位、フィリピンが24位だった。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.23
シンガポールの住宅価格と賃料、アジア太平洋地域で最高に

国際的な非営利不動産団体アーバン・ランド・インスティテュート(ULI)がこのほど公表したアジア太平洋地域の住宅市場レポート「2024 ULI Asia Pacific Home Attainability Index」で、シンガポールの住宅価格と賃料が域内11ヵ国・地域の...[記事全文]

2024.05.21
24年1QのタイGDP成長率は1.5%増、輸出低迷で減速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は前年同期比1.5%増と、前期(1.7%)から減速し、東南アジア主要国6ヵ国の中で最低の伸びにとどまった。 詳細を見ると、主力の製造業が3...[記事全文]

2024.05.20
24年1QのマレーシアGDP成長率は4.2%、内外需とも堅調

マレーシア中央銀行によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比4.2%増となり、前期(2.9%増)から加速した。 詳細を見ると、雇用の改善と賃金の伸びを背景に、民間消費が前年同期比4.7%増と、前期の4.2%増か...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年02月15日