海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(タイ)

2020.10.07
タイ不動産大手オリジン、9ヵ月間で通年販売目標の88%を達成

タイの不動産開発大手オリジン・プロパティーはこのほど、2020年1~9月の予約販売額が190億バーツ(約642億円)となり、通年目標(215億バーツ)の88%を達成したことを発表した。 オリジンのジャルーンエー・ピラポ...[記事全文]

2020.09.30
タイ不動産大手スパライ、バンコクの新コンドが2日で完売

タイの不動産開発大手スパライは、バンコク中心部のシープラヤ通り沿いに開発する高級コンドミニアム「Supalai Premier Si Phraya-Samyan(スパライ・プレミア・シープラヤ-サムヤン)」が、今月26~27日に開催...[記事全文]

2020.09.17
フアヒンの超高級コンド「インターコンチ」、コロナ禍でも販売好調

タイの不動産開発会社プラウド・リアル・エステートはこのほど、南部フアヒンのペットカセム通り沿いで開発を進めている超高級コンドミニアム「インターコンチネンタル・レジデンシズ・フアヒン」(全238戸、2022年完成予定)の売約率が、65...[記事全文]

2020.09.14
住友林業、バンコク北郊で一戸建てプロジェクトを分譲開始へ

日本の大手ハウスメーカーである住友林業は今月19日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)と合弁で、バンコク北郊パトゥムタニ県にて進めている一戸建て住宅分譲プロジェクト「レイクフォレスト」の第1フェーズの分譲を開始する...[記事全文]

2020.09.11
タイ政府、270日間滞在可能な特別観光ビザの発給を検討

タイ国政府観光庁(TAT)のユタサック長官は来週の閣議で、最長270日間の滞在が可能な特別観光ビザ(STV)の発給についての提案を行うことを明らかにした。 STVは当初90日間の滞在ができ、2度延長することで最長270...[記事全文]

2020.09.08
タイ不動産市場、コロナ禍でも中級タウンハウスの需要は安定

タイの不動産開発大手サンシリ傘下で不動産総合サービスを提供するプラス・プロパティーはこのほど、販売価格300万~500万バーツ(約1,014万~1,690万円)程度の中級タウンハウス(低層集合住宅)の需要が、コロナ禍でも安定的に推移...[記事全文]

2020.09.02
タイ不動産大手スパライ、コロナ収束で今年の販売目標達成に自信

タイの不動産開発大手スパライはこのほど、国内で新型コロナウイルスの感染が収束し、低層住宅を中心に内覧客が増加していることから、2020年の予約販売目標額260億バーツ(約884億円)を達成できるとの見通しを示した。 ス...[記事全文]

2020.09.02
バンコク首都圏鉄道「ゴールドライン」が試験運転開始、10月末に開業へ

タイの首都バンコクでこのほど、首都圏鉄道「ゴールドライン」第1期区間の開業に向けての試験運行が開始された。試験運転に問題がなければ、10月29日に運行が開始される見込み。 ゴールドラインは、バンコク西部クロンサン地区の...[記事全文]

2020.08.27
バンコク首都圏のコンド分譲価格、2020年は3%下落の見通し

タイの不動産コンサルタント会社テラ・メディア&コンサルティングはこのほど、2020年にバンコク首都圏で発売されるコンドミニアムの平均分譲価格が、前年比3%減の1㎡当たり8万7,000バーツ(約29万4,900円)になる...[記事全文]

2020.08.18
20年Q2のタイGDP成長率は12.2%減、22年ぶりの大幅な落ち込み

タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)は17日、2020年第2四半期(4~6月)のGDP成長率が前年同期比12.2%減になったと発表した。新型コロナウイルスの流行に伴い国境閉鎖や行動制限が行われたことが響き、アジア通貨危機の影響を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索