海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.04.17
マニラ首都圏パシッグ市のアルコビアシティ、IT特区に認定

フィリピンの不動産開発大手メガワールドはこのほど、マニラ首都圏パシッグ市ウゴン地区で進めているタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」が、フィリピン経済区庁(PEZA)から特別経済区(スペシャル・エコゾーン)に認定されたことを明らかにした。

アルコビア・シティの経済特区化は、ITパークとして主要産業であるIT-BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業の発展を一段と加速させていくことを目的としたもの。今後、同エリアのオフィスビルに入居する企業には、税制優遇をはじめとする様々なインセンティブが与えられることになるため、フィリピンにBPO拠点を設置したい外資系企業にとっては魅力的な選択肢のひとつとなることが見込まれる。

アルコビアシティは、マニラ首都圏の主要幹線道路「C-5(環状5号線)」沿いで開発が進む、総面積12万3,837㎡のタウンシップ開発エリア。すでに17階建てのオフィスビルや45階建てのコンドミニアム、ショッピングモールなどが完成しており、現在も3棟のコンドミニアムや高級ホテルの開発計画などが進んでいる。

また、アルコビア・シティが位置するC-5沿いのエリアは交通の要衝で、マニラ首都圏第二のビジネス街「オルティガス」にも近いことから、大手デベロッパー各社が積極的に再開発を推進している場所でもある。

同エリアでは現在、フィリピン最大手デベロッパーのアヤラ・ランドによるタウンシップ開発「パーク・リンクス」、大手財閥系デベロッパーのロビンソンズ・ランドによるタウンシップ開発「ブリッジタウン」、大手財閥オルティガス・グループによるタウンシップ開発「オルティガス・イースト」、大手デベロッパーのDMCIホームズと丸紅が手掛ける住宅分譲プロジェクト「ヴァレロン・タワー」など、様々な再開発プロジェクトが進められており、投資家からの大きな注目が集まっている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.30 NEW
ハノイ市、集合住宅開発における人口基準を設定

ベトナムの首都ハノイ市人民委員会は27日、集合住宅(アパートメント)や商業施設を併設する複合集合住宅などを開発する際の基準となる人口目標を設定した。 詳細計画や敷地計画、建設計画の段階では、集合住宅や複合集合住宅の人口は1戸当たり3.6人を基準とする。間...[記事全文]

2024.05.28 NEW
セブ市、クリエイティブ産業特区を開発へ

フィリピン中部のセブ市政府はこのほど、クリエイティブ産業特区「セブ・クリエイティブ・ディストリクト」の開発を目指す方針を明らかにした。 市内にある40~60ヘクタールの敷地に、映画製作、エンターテインメント、文化芸術、デザイン、建築などのクリエイティブ産業を...[記事全文]

2024.05.27 NEW
比ケソン市の高級IR施設「ソレア」が開業、観光促進へ

フィリピンの大富豪エンリケ・ラソン氏が率いるカジノ運営企業ブルームベリー・リゾーツは25日、マニラ首都圏ケソン市に高級IR(統合型リゾート)施設「ソレア・リゾート・ノース」を開業した。 ブルームベリーにとっては、マニラ湾岸エリアの「ソレア・リゾート・エンター...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年04月17日