海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.04.15
24年1QのシンガポールGDPは2.7%増、「テイラーノミクス」がけん引

シンガポール貿易産業省によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比で2.7%増加した。伸び率は2022年第3四半期(7~9月)以来、6四半期ぶりの高水準。

詳細を見ると、サービス業が3.2%増と前期(2.0%増)から拡大し、成長をけん引。特に、1月に英人気ロックバンドのコールドプレイ、2月に米人気歌手のテイラー・スウィフト氏がコンサートを開催した中、近隣諸国からも多くのファンがシンガポールを訪れ、観光収入が増加したことが追い風になった。

一方、製造業は電子やバイオ医療の不調が響き、0.8%増と前期から0.6ポイント低下。建設業も4.3%増となったものの、民間部門が低調で前期からは0.9ポイント低下するなど足を引っ張った。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.23
シンガポールの住宅価格と賃料、アジア太平洋地域で最高に

国際的な非営利不動産団体アーバン・ランド・インスティテュート(ULI)がこのほど公表したアジア太平洋地域の住宅市場レポート「2024 ULI Asia Pacific Home Attainability Index」で、シンガポールの住宅価格と賃料が域内11ヵ国・地域の...[記事全文]

2024.05.21
24年1QのタイGDP成長率は1.5%増、輸出低迷で減速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は前年同期比1.5%増と、前期(1.7%)から減速し、東南アジア主要国6ヵ国の中で最低の伸びにとどまった。 詳細を見ると、主力の製造業が3...[記事全文]

2024.05.20
24年1QのマレーシアGDP成長率は4.2%、内外需とも堅調

マレーシア中央銀行によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比4.2%増となり、前期(2.9%増)から加速した。 詳細を見ると、雇用の改善と賃金の伸びを背景に、民間消費が前年同期比4.7%増と、前期の4.2%増か...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年04月15日