海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2019.03.08
チャンギ空港隣接の複合施設「ジュエル・チャンギ」が4月17日に開業へ

シンガポール東部のチャンギ国際空港第1ターミナルの隣接地で建設中の大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」が、4月17日に開業することが明らかとなった。 地上10階、地下5階の施設には、飲食店や小売店など280店以上が入居予...[記事全文]

2019.03.07
世界長者番付、フィリピンからのランクインは17人に増加

米経済誌フォーブスが発表した2019年版「世界長者番付」によると、「ビリオネア」と呼ばれる保有資産額10億ドル(約1,116億円)以上の富豪は、全世界で2,153人に上り、保有資産額の合計は8兆7,000億ドルとなった。 フィリピ...[記事全文]

2019.03.05
積水化学工業、バンコクで中間層向け住宅市場を開拓へ

積水化学工業がタイの首都バンコクで、2023年度末までに中価格帯の分譲ユニット住宅(工場で生産された部屋単位のユニットを組み合わせた住宅)の開発を検討していることがわかった。同社はこれまで、バンコクで富裕層向けの高級住宅を手掛けているが...[記事全文]

2019.03.04
フィリピン大手財閥SMグループ、18年は中核事業の好調で2ケタ増収益

フィリピンの大手財閥SMグループの持ち株会社SMインベストメンツ(SMIC)が発表した2018年連結決算は、売上高が前年比13%増の4,498億ペソ(約9,715億円)、純利益が13%増の371億ペソだった。フレデリック・ディブンシオ社...[記事全文]

2019.03.01
18年10~12月の米GDP成長率は2.6%増、堅調な個人消費が下支え

米商務省が28日発表した2018年第4四半期(10~12月)の実質GDP(季節調整済み)は、年率換算で前期比2.6%増となった。好調な雇用情勢などを背景に、引き続き個人消費が堅調だった中、潜在成長率(2%弱)を上回る伸びを維持した。なお...[記事全文]

2019.02.28
フィリピン初の地下鉄整備事業が起工、日本からの支援を受けて実現

フィリピン政府は27日、マニラ首都圏の地下鉄整備事業の起工式を実施した。式典には、フィリピン側からトゥガデ運輸相、メディアルデア官房長官、ジョクノ予算管理相、ビリヤル公共事業道路相、ペルニヤ経済開発庁(NEDA)長官らが出席。日本からも...[記事全文]

2019.02.27
マニラ首都圏モノレール「スカイトレイン」、近く政府承認か

フィリピンの大富豪アンドリュー・タン氏が率いる複合企業アライアンス・グローバル・グループ(AGI)が提案しているマニラ首都圏のモノレール「スカイトレイン」計画が、第1四半期(1~3月)中にも政府の承認を得られる見通しであることがわかった...[記事全文]

2019.02.26
伊藤忠商事、タイの大手財閥系デベロッパーとコンド開発へ

伊藤忠商事は25日、タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下の不動産開発会社マグノリア・クオリティ・デベロップメント(MQDC)と提携し、不動産開発事業などに共同で取り組むことを発表した。 第1弾プロジェクトとして、バ...[記事全文]

2019.02.25
イスカンダル計画の開発対象地域を2倍に拡大、農業の近代化を推進

マレーシアのイスカンダル開発公社(IRDA)は、ジョホール州南部で手掛ける大規模都市開発「イスカンダル計画」の対象地域を拡大することを発表した。同州のコタティンギとクルアン、ポティアンも対象とすることで、開発面積は従来比で2,532km...[記事全文]

2019.02.25
セブのバス高速輸送システム、ITパークまで延伸を計画

セブ市は、2021年の開通を目指しているバス高速輸送システム(BRT)について、ITパークまで延伸する考えを明らかにした。当初案では、セブ市南部のブラカオから中心部のアヤラ・センターを経由し、北部のタランバンまで繋がる全長23kmだった...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索