海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2018.08.08
ジョホール~シンガポール間の高速輸送システム、敷設事業継続へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、ナジブ前政権時に計画されたマレーシア南部のジョホールバルとシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)の敷設事業について、マハティール新政権下でも事業を継続する方針であることを明らかにした。今年5月に...[記事全文]

2018.08.08
7月のオアフ島住宅販売価格、一戸建て・コンド共に上昇

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況レポートによると、7月にオアフ島で売買された一戸建て住宅の件数は、前年同月比1.5%減の330件だったものの、中間価格は同5.3%増の78万9,500ドルとなった。また、コンドミニアムは売買件...[記事全文]

2018.08.03
米格付け会社ムーディーズ、フィリピン経済は向こう数年に渡り力強く成長

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、フィリピン政府が進める積極的なインフラ整備計画や税制改革を評価した上で、向こう数年の同国経済について「力強く成長する」との見通しを示した。また、1人当たりの所得拡大を通じて歳入が増加し、...[記事全文]

2018.08.02
Googleがシンガポールに新データセンターを建設、東南アの成長を見据え

米IT大手Googleは1日、シンガポールに国内3ヵ所目となるデータセンターを建設すると発表した。投資額は約3億5,000万ドルで、2020年の稼働を予定している。同社は現在、西部ジュロン・ウエストの2ヵ所にデータセンターを構えており、新デ...[記事全文]

2018.08.02
FRBが9月の追加利上げを示唆、米経済の好調を受けて

米連邦公開市場委員会(FOMC)は7月31日から8月1日にかけて開催した金融政策決定会合で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を1.75~2.00%のレンジで据え置くことを全会一致で決定した。FRBは米経済について、「力強いペースで拡大...[記事全文]

2018.07.31
17年のマレーシア州別GDP成長率、クアラルンプールは7.4%増

マレーシア統計局はこのほど、2017年の州・地域別GDP成長率を発表。クアラルンプール・プトラジャヤの成長率は7.4%増となり、全国平均の5.9%を大きく上回った。最大の伸び率となったのはサバ州の8.2%増で、そのほか主要な州・地域では、マ...[記事全文]

2018.07.27
マレーシア不動産市場、来年には投資マインド回復へ

英系不動産仲介大手ナイト・フランクは、マレーシアの不動産市場について、政権交代で政策の不透明感が和らいでいることから、来年の第1四半期(1~3月)頃には投資マインドが回復するとの見通しを示した。 住宅市場については、経済成長の勢いがや...[記事全文]

2018.07.25
マニラベイエリアのオフィス賃貸面積、向こう3年で倍増へ

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルによると、マニラベイエリアのオフィス総賃貸面積(GLA)は、2021年までの3年間で17年比2.3倍の93万m2に拡大する見通し。同社フィリピン法人で貸主担当ディレクターを務めるアンド...[記事全文]

2018.07.23
アジア開発銀行、タイの18年GDP成長率予測を4.2%に上方修正

アジア開発銀行(ADB)は、19日に公表した経済レポート「Asian Development Outlook」で、2018年のタイGDP成長率予測を、従来の4.0%から4.2%に上方修正した。輸出の好調などを背景に、18年第1四半期(1~3...[記事全文]

2018.07.23
訪フィリピン外国人旅行者数、1~6月は370.6万人で過去最高

フィリピン観光省によると、2018年上半期(1~6月)に同国を訪れた外国人旅行者は、前年同期比10.4%増の370万6,721人となり、同期間の過去最高を更新した。バーナデッテ・プヤット観光相は、官民の連携によるマーケティングや航空路線の拡...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索