海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2018.09.07
フェイスブック、アジア初のデータセンターをシンガポールに建設へ

米交流サイト大手のフェイスブックは6日、約10億ドル(約1,100億円)を投じ、シンガポールにアジア初のデータセンターを建設すると発表した。開業は2022年を予定しており、数百人の雇用が創出される見通し。同施設は、シンガポール西部に建設され...[記事全文]

2018.09.06
比不動産大手メガワールド、JPモルガン専用のオフィスビルを開発へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、マニラ首都圏のボニファシオ・グローバルシティ(BGC)で開発を進める複合開発エリア「アップタウン・ボニファシオ」内に、米銀行大手JPモルガン・チェースのフィリピン・グローバル・サービス・センター(P...[記事全文]

2018.09.06
高島屋、タイ1号店を11月に開業へ

高島屋は11月にも、タイ・バンコクのチャオプラヤ川西岸地区で開発中の大型複合開発プロジェクト「アイコンサイアム」内に、同国1号店となる「サイアム高島屋」を開業する。1号店は地上7階、店舗面積3万6000m2で、タイ初上陸の80ブランドを含む...[記事全文]

2018.09.04
マレーシアの医療観光市場、20年までに倍増の見通し

マレーシア保健省傘下のマレーシア医療観光評議会(MHTC)は、同国の医療観光市場が2017年の13億リンギから、2020年には28億リンギへと拡大するとの予測を示した。マレーシアの医療費は米国より平均60~80%抑えられ、タイ(50~75%...[記事全文]

2018.09.03
KL~シンガポール間の高速鉄道計画、20年5月まで着工延期で合意

マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画について、両国政府は2020年5月末日まで着工を延期することで合意した。その他、開通時期については5年先延ばしし、2031年1月までとしたほか、今回の着工延期に伴う費...[記事全文]

2018.08.30
4~6月の米GDP改定値は4.2%増に上方修正、3年9ヵ月ぶりの伸び

米商務省が29日に発表した第2四半期(4~6月)の実質GDP改定値は、年率換算で前期比4.2%増となり、速報値の同4.1%増から小幅に上方修正された。伸び率は2014年第3四半期(7~9月)以来、3年9ヵ月ぶりの高水準で、9月下旬に開催する...[記事全文]

2018.08.30
比不動産大手アヤラ、セブ・ビジネスパーク内に新ホテルを開業

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドは、セブのビジネス中心地としてビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業などが多く拠点を構える「セブ・ビジネスパーク」内に、同社にとってビサヤ諸島最大のホテルとなる「セダ・アヤラ・センター・セ...[記事全文]

2018.08.30
バンコク中心部の中古物件、今後2年で需要増の見通し

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングのナリンラット社長は28日、バンコク中心部の中古コンドミニアム市場が今後2年間で拡大するとの見解を示した。同氏によると、タイの新築コンドミニアムの価格が年7~8%上昇している一方で、...[記事全文]

2018.08.29
1~7月の訪フィリピン外国人旅行者、9.7%増の430万人

フィリピン観光省によると、2018年1~7月に同国を訪れた外国人旅行者は、前年同期比9.7%増の430万8,043人だった。旅行者の内訳を国・地域別にみると、1位は韓国で前年同期比1.1%増の93万7,227人、2位は中国で同40.0%増の...[記事全文]

2018.08.29
比不動産大手DMCI、マニラ市の学術エリアに学生向けコンドを建設へ

フィリピンの大手財閥DMCIホールディングスの不動産部門DMCIホームズは、マニラ市マラテに学生向けコンドミニアムを建設する。従来より質の高い学生向けの住宅に対する需要が高まっていることに対応するもので、2018年内の販売開始を予定している...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索