海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

【海外不動産】主要各国のメリット・デメリット比較

主要各国・不動産規制内容等の比較表(日本在住の日本人を対象にした場合)

土地付住宅購入・所有権 コンド購入・所有権 住宅ローン 売買契約書(英語)
フィリピン
マレーシア
シンガポール (一部を除く)
タイ
カンボジア
ハワイ
アメリカ本土
インドネシア
ベトナム

※弊社調べ

主要各国・海外不動産のメリット・デメリット

フィリピン

海外不動産 各国比較 フィリピン▼主なメリット
・高成長や人口増加を背景に不動産価値の上昇が期待
・アジア最高水準の平均賃貸利回り
・外国人でもコンドミニアムの購入・所有が可能
・外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能
・売買契約書など各種書類が英語
▼主なデメリット
・外国人による土地付住宅の購入・所有が不可
・先進国と比べて不動産に関する情報量が少ない
・先進国不動産と比較して流動性が低い

マレーシア

海外不動産 各国比較 マレーシア▼主なメリット
・高成長や人口増加を背景に高リターンが期待
・外国人でも土地付住宅・コンド共に購入・所有が可能
・外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能
・売買契約書など各種書類が英語
▼主なデメリット
・外国人に対して最低購入価格規制が設定
・先進国と比べて不動産に関する情報量が少ない
・先進国不動産と比較して流動性が低い

シンガポール

海外不動産 各国比較 シンガポール▼主なメリット
・世界各国から企業や富裕層が集まり、継続的に資本が流入
・外国人でもコンドミニアムの購入・所有が可能
・キャピタルゲイン税やインカムゲイン税が非課税
・外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能
・売買契約書など各種書類が英語
▼主なデメリット
・不動産価格が東京を上回る水準に達している
・外国人による土地付住宅の購入・所有は不可(一部除く)
・外国人の不動産購入に課せられる加算印紙税が高い

タイ

海外不動産 各国比較 タイ▼主なメリット
・日本人駐在員はASEAN最多、日本人への賃貸がしやすい
・現地中間層が拡大しており、安定した住宅需要が期待
・外国人でもコンドミニアムの購入・所有が可能
▼主なデメリット
・政治や軍事面でのリスクが若干高い
・外国人は現地銀行で住宅ローンを組めない(一部の外銀は可)

カンボジア

海外不動産 各国比較 カンボジア▼主なメリット
・高成長や人口増加を背景に高リターンが期待
・外国人でもコンドミニアムの購入・所有が可能
・個人に対する不動産等のキャピタルゲイン課税がない
・外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能(一部物件)
・物件代金や家賃の決済にドルが使える
▼主なデメリット
・日本との租税条約が締結されていない
・他の新興国と比べても不動産に関する情報量が少ない
・先進国不動産と比較して流動性が低い

ハワイ

海外不動産 各国比較 ハワイ▼主なメリット
・世界の富裕層から別荘需要が高く、資産の保全効果が高い
・中古住宅市場が成熟、築年数による価格下落リスクが低い
・情報量や取引の透明性・公正性は世界最高水準
・減価償却を活用した節税メリットが高い
・バケーションレンタルが普及、物件の有効活用が可能
・外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能(日本語対応可)
▼主なデメリット
・ある程度まとまった額の自己資金が必要
・新興国と比べて高い賃貸利回りは期待しづらい
・固定資産税などの維持費が比較的高い

アメリカ

海外不動産 各国比較 アメリカ▼主なメリット
・世界最大の経済大国として継続的に資本が流入
・中古住宅市場が成熟、築年数による価格下落リスクが低い
・外国人に対する不動産規制がほとんどない
・情報量や取引の透明性・公正性は世界最高水準
・減価償却を活用した節税メリットが高い
▼主なデメリット
・ある程度まとまった額の自己資金が必要
・新興国と比べて高い賃貸利回りは期待しづらい
・固定資産税などの維持費が比較的高い