海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

なぜ海外不動産なのか?「海外実物資産の魅力」

日本、海外問わず、不動産投資の魅力は実物資産であるため、不動産自体を確保できるということにあり、株式・FX等の常に値動きがある金融商品に比べて、流動性には欠けるものの、経済・金融情勢の影響が少なく、ボラティリティが低い上に、長期間にわたり安定的に収益を得られやすい特徴があります。特に、海外不動産は日本と比べて全般的に資産価値がすぐに落ちてしまうことも少ない上に、歴史的にも経済成長と共に不動産価値が上がることが証明されている中、成長力がある国・エリアの物件に投資できる魅力も備わっているため、保有資産の一部として持たれる方も増えています。

また、100%自己名義で所有権を持てる実物不動産ならば、仮に不動産仲介業者や管理会社が破綻しても、不動産価値自体には大きな影響はなく、金融資産とは異なり、すべて紙屑になってしまうリスクも低いため、海外においても不動産を持っていることにより、投資資金を全て失ってしまうという最悪のリスクは避けられます。仮に不動産への投資が思い描いたように上手くいかなかったとしても、不動産を売却することにより、損失を最小限に抑えることができるため、株式やFXなどの金融商品よりリスクが低い投資と言えます。

海外不動産 実物不動産01 海外不動産 実物不動産02

更に、経済情勢だけではなく、常に世界の色々な情報に左右される金融市場とは異なり、不動産は海外においても、最初は物件や立地等の情報をしっかりと集め、実際に物件やエリアを視察するなど時間と労力を多少要しますが、物件購入後は常に何かをする必要がないほか、日々、高度な知識・情報を取得・アップデートする必要性もありません。金融市場では最前線にいる大手銀行・証券・投資会社といったプロでも、コンスタントに勝ち続けるのは簡単ではない一方、不動産は少し時間と労力を掛けるだけで、誰もが簡単に手掛けられる堅実な投資手段の一つであり、投資家の努力次第により、リスクを抑え安定した資産運用ができる上に、コンスタントに収益を得られ、上手くいけば時間と共に資産価値も上昇し、一段のリターンを得られる魅力があります。特にポテンシャルの高い国・エリアの好立地で賃貸需要が旺盛な物件は、リターン増の可能性も更に高くなります。

もちろん、日本・海外問わず不動産は資産価値の下落、災害等による毀損、長期の空室リスク、借入金利の上昇、為替相場の変動などのリスク要因もありますが、これらのリスクも事前に対処することで、投資家側である程度コントロールすることが可能と言えます。

また、実物資産の不動産は現金・預貯金と異なり、インフレに対して相関性が高く、インフレに強い傾向があるため、世界的にもインフレヘッジ効果が期待できる代表的な資産・投資の一つとして活用されており、日本や米国なども高インフレ期には不動産と物価の相関性が高くなり、インフレヘッジ効果が見られてきました。特に新興国投資の場合は、先進国と比べてインフレリスクが高いため、インフレヘッジ効果を有する不動産は有効な投資手法と言えます。

海外不動産 高インフレ時の株価・不動産のインフレヘッジ効果